« Japan's Shinzo Abe picks new ministers (安倍内閣の新閣僚) | トップページ | Internet Crime 2012 (インターネット犯罪 2012年) »

2014年10月22日 (水)

Mitsubishi Heavy Industries' MRJ Regional Jet (三菱重工業の地域ジェットMRJ)

★ Forbes

10/20/2014 @ 3:18午後 683 views

Can Mitsubishi Heavy Industries' MRJ Regional Jet Lift It To A 'Buy'?

三菱重工業の地域ジェットMRJは「お買い得」になるか?

The MRJ project was launched in 2008 with the establishment of Mitsubishi Aircraft Corporation (MJET), headquartered in Nagoya. MJET received 64% of its JPY 100 billion capital from MHI and 10% from Toyota Motor Corporation (NYSE: TM), 10% from the group sogo shosha Mitsubishi Corporation, and 5% each from two other sogo shosha, Mitsui & Co . (traditionally tied up with Toyota) and Sumitomo Corporation.

MRJプロジェクトは名古屋に本社を置く三菱航空機(株)(MJET)の設立と共に始まった。
MJETは1000億円の資本のうち64%は三菱重工から出資され、残りのうち10%をトヨタ、10%を三菱商社が出資し、商社の三井と住友はそれぞれ5%出資した。

While MJET is very much a MHI Group initiative, it has been under the heavy stewardship of the Japanese government, which has funded some one-third of the nearly JPY 200 billion (USD 1.9 billion) R&D budget.  Thus the MRJ has become in essence an “all Japan” project that is incorporating technology and out-sourcing parts development and manufacturing to MHI rivals IHI , Kawasaki Heavy Industries , Hitachi, among many others.

MJETは三菱重工のイニシアチブによるものであるが、日本政府が強力な管理を行っている。日本政府は2000億円に上る研究開発費の3分の1を出資している。MRJプロジェクトは「オールジャパン」プロジェクトとなった。三菱重工のライバルの川崎重工、日立なども外注企業として参加している。

http://www.forbes.com/sites/stephenharner/2014/10/20/can-mitsubishi-heavy-industries-mrj-regional-jet-left-it-to-a-buy/

(注)引用は英語表現の研究のためですが、正確な内容については原文記事の参照をお勧めいたします。

英語で時事問題を議論しよう!!

掲示板はこちら

コメント・サイトへジャンプ

このブログのコメント欄にも英語で意見を書き込んでください。

提供:EE-英語オフィス 

英語情報研究・翻訳業務

EE-時事検定企画中、協力者募集)

☆海外情報の調査

☆日本語サイト/ブログの英語化等

★英語資料研究

◎海外情報調査受託

|

« Japan's Shinzo Abe picks new ministers (安倍内閣の新閣僚) | トップページ | Internet Crime 2012 (インターネット犯罪 2012年) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mitsubishi Heavy Industries' MRJ Regional Jet (三菱重工業の地域ジェットMRJ):

« Japan's Shinzo Abe picks new ministers (安倍内閣の新閣僚) | トップページ | Internet Crime 2012 (インターネット犯罪 2012年) »