« Gurdon and Yamanaka share Nobel prize for stem cell work (ガードンと山中が幹細胞の業績でノーベル賞を取った) | トップページ | 日本、全国選挙の日程決まる (Japan Sets Date For National Election) »

2012年10月 9日 (火)

Lending clarity to the China-Japan dispute (日中領土紛争を明らかにする)

★ financialexpress
http://www.financialexpress.com/news/lending-clarity-to-the-chinajapan-dispute/1004556/0

日中領土紛争を明らかにする

Lending clarity to the China-Japan dispute

ANURAG VISWANATH

Posted: Wednesday, Sep 19, 2012 at 0336 hrs IST

尖閣(及び沖縄)は日米平和条約の第3条により米国の管理下に置かれた。

1972年に米国は沖縄の施政権を返還したが、この本土復帰にもかかわらず、米軍は沖縄に駐留を続けた。

日本の尖閣の領有権が存続していることは、アイゼンハワー大統領、ケネディ大統領、ジョンソン大統領によって認められていたが、ニクソン大統領は方針を変えた・・・

Hara notes that Senkaku (and Okinawa) were placed under US control under Article 3 of the peace treaty. The US relinquished its administrative rights over Senkaku in 1972, but despite “reversion” remained stationed in Okinawa. Japan’s residual sovereignty over Senkaku/Diaoyu was recognised by successive Presidents—Eisenhower, Kennedy and Johnson. But Nixon made a departure.

********

(注)引用は英語表現の研究のためですが、正確な内容については原文記事の参照をお勧めいたします。

英語で時事問題を議論しよう!!

掲示板はこちら

コメント・サイトへジャンプ

このブログのコメント欄にも英語で意見を書き込んでください。

提供:EE-英語オフィス 

英語情報研究・翻訳業務

EE-時事検定企画中、協力者募集)

☆海外情報の調査

☆日本語サイト/ブログの英語化等

★英語資料研究

◎海外情報調査受託

|

« Gurdon and Yamanaka share Nobel prize for stem cell work (ガードンと山中が幹細胞の業績でノーベル賞を取った) | トップページ | 日本、全国選挙の日程決まる (Japan Sets Date For National Election) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Lending clarity to the China-Japan dispute (日中領土紛争を明らかにする):

« Gurdon and Yamanaka share Nobel prize for stem cell work (ガードンと山中が幹細胞の業績でノーベル賞を取った) | トップページ | 日本、全国選挙の日程決まる (Japan Sets Date For National Election) »