« Bangkok vulnerable to floods, Thai PM Shinawatra warns (バンコクは洪水で食糧配給制に?) | トップページ | Nokia shows off first Windows phones (ノキアが初のウィンドウズフォンを発表)/US smartphone OS market share (米国スマートフォンOS市場) »

2011年10月27日 (木)

hy Has Income Gone Up So Much For The Top 1 Percent? (なぜ富裕層のトップ1%の収入はそれほど増えたのか?)/Turkey earthquake: Deaths rise to 523 (トルコの地震死者数は523名に)

★ BBC
http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-15475068

トルコの地震死者数は523名に
Turkey earthquake: Deaths rise to 523
                                     
まだ数百人が倒壊した建物の下にいる
Hundreds of people are still missing under collapsed buildings.
                            
トルコ政府は当初、外国の支援は不要としていたが、後にその方針を変えた
The Turkish government had initially said it did not need any help from abroad, but later changed its mind.

★ NPR
http://www.npr.org/blogs/money/2011/10/26/141716961/why-has-income-gone-up-so-much-for-top-earners

なぜトップ1%の収入はそれほど増えたのか?
Why Has Income Gone Up So Much For The Top 1 Percent?

最上の高収入者は投資収入、事業利益から多くの収入を得ている。
しかし、CBOが「労働収入」と呼ぶ給与、ボーナスなどがトップ1%の大きな収入源となっている。

Top earners do make a lot of money from investment income and business profits. But what CBO calls "labor income" — salary, bonus, etc. — accounts for the biggest chunk of income for the top one percent.

Growth in real after-tax income

///////////// EE-ENGLISH OFFICE //////////

(注)引用は英語表現の研究のためですが、正確な内容については原文記事の参照をお勧めいたします。

英語で時事問題を議論しよう!!

掲示板はこちら

コメント・サイトへジャンプ

このブログのコメント欄にも英語で意見を書き込んでください。

提供:EE-英語オフィス

英語情報研究・翻訳業務

EE-時事検定企画中、協力者募集)

☆海外情報の調査

☆日本語サイト/ブログの英語化等

★英語資料研究

◎海外情報調査受託

|

« Bangkok vulnerable to floods, Thai PM Shinawatra warns (バンコクは洪水で食糧配給制に?) | トップページ | Nokia shows off first Windows phones (ノキアが初のウィンドウズフォンを発表)/US smartphone OS market share (米国スマートフォンOS市場) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: hy Has Income Gone Up So Much For The Top 1 Percent? (なぜ富裕層のトップ1%の収入はそれほど増えたのか?)/Turkey earthquake: Deaths rise to 523 (トルコの地震死者数は523名に):

« Bangkok vulnerable to floods, Thai PM Shinawatra warns (バンコクは洪水で食糧配給制に?) | トップページ | Nokia shows off first Windows phones (ノキアが初のウィンドウズフォンを発表)/US smartphone OS market share (米国スマートフォンOS市場) »