« North Korea's Kim Jong-il in rare Russia visit (北朝鮮の金正日は珍しくロシアを訪問) | トップページ | Google begins Amazon river Street View project (グーグルはアマゾン流域でストリート・ビューを実施) »

2011年8月21日 (日)

Is United States Still Number One? (米国はナンバーワンであり続けるか?)

★英語ニュース/メディアの用法研究★

世界に関心を持つことが英語上達の第一歩!!

21世紀のサラリーマン・学生必読 『EE英語』   HERE!!

☆英語ディベートの情報源!!☆英語用例のデータベース!!☆歴史の記録!!

===IT情報===

 

===日本関係===

 

===財政・金融・経済===

 

===その他===

  NPR

(http://www.voanews.com/english/news/usa/Is-the-United-States-Still-Number-One-128081383.html)

August 19, 2011

André de Nesnera

米国はナンバーワンであり続けるか?

Is United States Still Number One?

専門家は中国はその経済成長によって今後強力な存在となり、潜在的に米国の競争相手になると考えている。

Experts say China is a country whose economic growth could make it a powerful player in the years ahead - and a potential rival to the United States.

ナイは「このような事態は10年から20年サイクルで生じる。ロシアが1957年に最初の人工衛星を打ち上げたとき、我々はロシア人は10フィートの巨人だと思った。1980年代には日本人は10フィートの巨人だと思った。今日、皆が中国人は10フィートだと言っているが、我々の方が大きく成長するだろう」

And Nye says …“We go through cycles like this every decade or two. After Sputnik [1957 - first satellite to be put into Earth’s orbit] we thought the Russians were 10 feet-tall. In the 1980s we thought the Japanese were 10 feet tall. Today people are claiming the Chinese are 10 feet-tall - but I think we’ll outgrow all of this,” he added.

///////////// EE-ENGLISH OFFICE //////////

(注)引用は英語表現の研究のためですが、正確な内容については原文記事の参照をお勧めいたします。

英語で時事問題を議論しよう!!

掲示板はこちら

コメント・サイトへジャンプ

このブログのコメント欄にも英語で意見を書き込んでください。

提供:EE-英語オフィス 

英語情報研究・翻訳業務

EE-時事検定企画中、協力者募集)

☆海外情報の調査

☆日本語サイト/ブログの英語化等

★英語資料研究

◎海外情報調査受託

|

« North Korea's Kim Jong-il in rare Russia visit (北朝鮮の金正日は珍しくロシアを訪問) | トップページ | Google begins Amazon river Street View project (グーグルはアマゾン流域でストリート・ビューを実施) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Is United States Still Number One? (米国はナンバーワンであり続けるか?):

« North Korea's Kim Jong-il in rare Russia visit (北朝鮮の金正日は珍しくロシアを訪問) | トップページ | Google begins Amazon river Street View project (グーグルはアマゾン流域でストリート・ビューを実施) »