« Tankan survey on 4 April (日銀は短観調査結果を4月4日に再発表) | トップページ | Holed Southwest Airlines plane 'had metal fatigue' (サウスウエストの穴が開いたジェットは「金属疲労」が原因) »

2011年4月 2日 (土)

Japan plant - who is in charge? (日本の原発-誰が責任者か?)

★英語ニュース/メディアの用法研究★

世界に関心を持つことが英語上達の第一歩!!

21世紀のサラリーマン・学生必読 『EE英語』  HERE!!

☆英語ディベートの情報源!!☆英語用例のデータベース!!☆歴史の記録!!

◆本日のトピックス: 

BBC

1 April 2011 Last updated at 15:43 GMT

論点:日本の原発-誰が責任者か?

Viewpoint: Japan plant - who is in charge?

By Yuki TatsumiStimson Center

41日、菅直人首相は原発がまだ「十分安定」せず、「長期的な戦い」になることを認めた。

首相には意思決定において助けとなる2つの専門機関がついている。経済産業省(METI)の原子力安全・保安院(NISA)と、非政府系の専門家からなる諮問機関、原子力安全委員会(NSC)だ。

従って、法的には日本の首相が責任者であるし、そう考えられている。

On 1 April, Prime Minister Naoto Kan admitted that the plant had not yet been "sufficiently stabilised", acknowledging it would be a "long-term battle".

He has two entities from which to draw expert opinions to assist him in decision-making: the Nuclear and Industrial Safety Agency (Nisa, an agency within the Ministry of Economy, Industry and Trade (Meti)) and the Nuclear Safety Commission, an advisory panel made up of non-government experts.

So, legally speaking, the prime minister of Japan is in charge. Or he is supposed to be.

記事のリンク(クリック):

http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-pacific-12933010

******************

BBC

記事のリンク(クリック):

*************************

(注)引用は英語表現の研究のためですが、正確な内容については原文記事の参照をお勧めいたします。

EENG’s comment:

EE-時事検定(未定)問題集チャレンジしてみよう!!(クリック)

No.1問題No.1解答No.2問題No.2解答No.3問題No.3解答No.4問題No.4解答No.5問題No.5解答No.6問題No.6解答No.7問題No.7解答No.8問題No.8解答

提供:EE-英語オフィス 

英語情報研究・翻訳業務

EE-時事検定企画中、協力者募集)

時事英語ブログ集リンク(ブログ村):

英語ブログリンク集(人気ブログランキング)

|

« Tankan survey on 4 April (日銀は短観調査結果を4月4日に再発表) | トップページ | Holed Southwest Airlines plane 'had metal fatigue' (サウスウエストの穴が開いたジェットは「金属疲労」が原因) »