« Bin Laden threatens France (ビンラディンがフランスを脅迫する) | トップページ | GM's China sales top U.S (GMの中国での売上高は米国での売上高を初めて上回る) »

2011年1月24日 (月)

India's Street Kids (インドの路上少年)/New China pollution targets (中国の新たな汚染対策?)

★英語ニュース/メディアの用法研究★

世界に関心を持つことが英語上達の第一歩!!

21世紀のサラリーマン・学生必読 『EE英語』  

HERE!!

☆英語ディベートの情報源!!☆英語用例のデータベース!!☆歴史の記録!!

◆本日のトピックス: インド/中国

NPR

インドの路上少年:奇妙な観光名物

A Strange Tourist Attraction: India's Street Kids

by COREY FLINTOFF

観光客の目的地とはとても思えない喧騒と煙、悪臭、混雑、そして無秩序なニューデリーの一角がツアー客に注目されている。

毎朝、若いインド人が1ダース以上の訪問者をニューデリーの鉄道駅周辺の迷路に案内している。

これは「シティウォーク」と呼ばれるツアーで、みすぼらしい身なりで、物乞い、窃盗、靴磨き、クルマの窓ふきなどをして数ルピーを稼ぐ子どもたちの縄張りへの観光だ。

January 23, 2011

It's noisy, smoky, smelly, crowded and chaotic — not a part of New Delhi that you'd consider a tourist destination. But every morning, a young Indian guide shepherds a dozen or so visitors into the maze of alleys that surrounds the New Delhi railway station.

It's a tour called City Walk, onto the turf of the scruffy kids who beg, steal, shine shoes and smear car windows in an effort to make a few rupees.

インドの路上少年を助ける多くのグループの1つサラーム・バーラクは年間3千人の子供の面倒を見ている。

しかし、ニューデリー全体では30万人のストリート・チルドレンがいるとされている。

インド全体では1800万人に達するとする説がある。

政府の支援を受けるには証明書が必要だが、そういう条件を満たさない路上少年は政府の制度からすれば見えない存在となり、何の援助も受けていない。

Mishra says Salaam Baalak, one of a number of groups helping street kids in India, serves about 3,000 children a year. But that's just a fraction of the more than 300,000 believed to live on the streets of New Delhi. Some estimates put the total number of street children in India as high as 18 million. Government programs don't reach many such children because they don't have documents and are invisible to the system.

記事のリンク(クリック):

http://www.npr.org/2011/01/23/133109831/taking-a-walk-into-the-lives-of-indias-street-kids

Mother Nature Network

By AFP StaffMon, Jan 17 2011 at 1:49 PM EST

中国の新たな汚染削減目標は不十分

New China pollution targets inadequate

グリーンピース:「中国は空気と水の汚染防止に真剣に取り組むなら、対象とする汚染物質の種類をもっと増やすべきだ」

Greenpeace: China needs to do more than target a few pollutants if it's serious about cleaning its air and water.

               

環境保護大臣は先週、酸化窒素とアンモニア窒素を主要汚染物質のリストに加え、本年中に1.5%削減したいと述べた。

中国は11月に世界最大の温暖化ガス排出国であることを認めたが、30年にわたる急速な経済成長で広範囲が環境破壊が生じ、世界最悪の大気汚染に見舞われている。

The environmental protection ministry said late last week it had added nitrogen oxide and ammonia nitrogen to a list of major pollutants that it wants reduced by 1.5 percent this year, according to state media.

China — which in November admitted it is the world's biggest greenhouse gas emitter — has some of the world's worst air pollution after rapid growth over the past 30 years triggered widespread environmental damage.

中国は2020年までに2005年のレベルからGDP単位当たりのエネルギー消費を40%から45%ほど削減すると約束している。

特にエネルギー効率の向上を公約している。

China instead pledged last year to slow the growth in its emissions by reducing energy consumption per unit of GDP by 40-45 percent from 2005 levels by 2020 — essentially a vow of greater energy efficiency.

記事のリンク(クリック):

http://www.mnn.com/earth-matters/energy/stories/new-china-pollution-targets-inadequate

(注)引用は英語表現の研究のためですが、正確な内容については原文記事の参照をお勧めいたします。

EENG’s comment:

EE-時事検定(未定)問題集チャレンジしてみよう!!(クリック)

No.1問題No.1解答No.2問題No.2解答No.3問題No.3解答No.4問題No.4解答No.5問題No.5解答No.6問題No.6解答No.7問題No.7解答No.8問題No.8解答

提供:EE-英語オフィス

 

英語情報研究・翻訳業務

EE-時事検定企画中、協力者募集)

時事英語ブログ集リンク(ブログ村):

英語ブログリンク集(人気ブログランキング)

Engenergy

|

« Bin Laden threatens France (ビンラディンがフランスを脅迫する) | トップページ | GM's China sales top U.S (GMの中国での売上高は米国での売上高を初めて上回る) »