« Whites in Minority in U.S. by 2050 (アメリカの白人の比率)/Copenhagen climate deal (コペンハーゲン会議)+ 米国地理学協会の写真のトップ10 | トップページ | Copenhagen conference ended (COP15終了)/The 10 richest Americans (アメリカの富豪トップ10)+ Copenhagen Accord (コペンハーゲン宣言全文) »

2009年12月19日 (土)

Climate Deal (アメリカのCO2戦略)/Climate agreement sparks anger (米国主導のCOP15に怒り)+ 京都プロトコルの内容

★英語ニュース/メディアの用法研究★

世界に関心を持つことが英語上達の第一歩!!

21世紀のサラリーマン・学生必読 『EE英語』  HERE!!

☆英語ディベートの情報源!!☆英語用例のデータベース!!☆歴史の記録!!

◆本日のニュース:

☆ニューヨーク・タイムズ

By JOHN M. BRODER

Published: December 18, 2009

5ヶ国(米、中、インド、ブラジル、南アフリカ)が気候変動対策で合意、ただし目標達成はできず

5 Nations Forge a Climate Deal, but Many Goals Remain Unmet

オバマ大統領が中国、インド、ブラジル、南アフリカの首脳と共同で本会議に提出した3ページの合意書は、コペンハーゲン会議での穏当な目標を満たすものですらない。特に注目すべきは、合意締結によって国際的に拘束力のある2010年の目標を設定することもできなかったことにある。

The three-page accord that Mr. Obama negotiated with the leaders of China, India, Brazil and South Africa and then presented to the conference did not meet even the modest expectations that leaders set for this meeting, notably by failing to set a 2010 goal for reaching a binding international treaty to seal the provisions of the accord.

記事のリンク(クリック):

http://www.nytimes.com/2009/12/19/science/earth/19climate.html?_r=1&hp

☆アルジャジーラ

urday, December 19, 2009
07:20 Mecca time, 04:20 GMT

(米・中などの)気候変動対策の合意に怒り

Climate agreement sparks anger

オバマは米国、中国、ブラジル、インドと南アフリカは新たな目標を達成するために、気温上昇を2℃に抑えることに合意したと述べた。

Obama said the US, China, Brazil, India and South Africa had agreed to limit global warming to two degrees Celsius to help meet their new objective…

しかし、五か国の議論から締め出された多くの国が怒りを表している。本会議で五か国の案を承認すべきか否かの議論がなされている。

But many countries are angry they were excluded from the negotiations and are debating whether or not to approve the deal….

米国、中国、ブラジル、インドと南アフリカだけで決めて、発展途上国の本当の意見は反映されていないとの怒りの声が聞かれた。

"There is some anger among [many] ... developing nations. They say that this deal has been done essentially with the Americans, the Chinese, the South Africans and the Brazilians and the Indians and they have had no real input.

日本の鳩山由紀夫首相は、世界気候資金に200億ドル程度の提供を行うと述べた。会議からは、温暖化対策について、完全でなくても骨太のメッセージが出されるべきだと述べた。

Yukio Hatoyama, the Japanese premier, who has offered nearly $20bn towards a global climate fund, said the summit would deliver a "robust" if "not necessarily perfect" statement on fighting global warming.

記事のリンク(クリック):

http://english.aljazeera.net/news/europe/2009/12/20091218224724782996.html

◆本日のレポート:                

COP15

京都メカニズム

京都メカニズムは、排出権取引(カーボン市場)、クリーン開発メカニズム(CDM)、及び、共同実施(JI)の3つの要素から成る。カーボン市場は世界の排出量削減の中心的な手段である。2006年には300億ドル(3兆円)規模となり、増加を続けている。

The Kyoto Mechanisms

The three Kyoto mechanisms are:  Emissions Trading – known as “the carbon market” – the Clean Development Mechanism (CDM) and Joint Implementation (JI).  The carbon market spawned by these mechanisms is a key tool in reducing emissions worldwide. It was worth 30 billion USD in 2006 and is set to increase.

京都プロトコルによる温室効果ガス(GHG)の排出量変化の予測

GHG projections to 2008-2012 for Annex I Parties to Kyoto Protocol

Party

締結国

Projected change in GHG emissions

from the base year to 2008-2012 on average (%)

Emission reduction target under Kyoto Protocol (%)

京都プロトコルにおける削減目標

"with measures"

"with additional measures"

"with additional measures" minus expected RMUs and credits from mechanisms

Austria

17.1

-1.2

-2.1

-13.0

Belarus*

-25.5

-

-

-8.0c

Belgium

1.1

-0.8

-6.6

-7.5

Bulgaria*

-37.1

-42.0

-

-8.0

Canada

38.2

-

-

-6.0

Croatia*

11.4

-1.6

-

-5.0

Czech Republic*

-24.4

-26.7

-

-8.0

Denmark

4.2

-

-2.7

-21.0

Estonia*

-56.0

-56.0

 

-8.0

European Community

-1.6

-6.8

-9.4

-8.0

Finland

11.8

2.1

0.0

0.0

Francea

-0.3

-

-

0.0

Germany

-21.3

-29.3

-

-21.0

Greece

34.1

24.4

-

25.0

Hungary*

-28.0

-28.2

-

-6.0

Icelandb

0.4

-

-

10.0

Ireland

30.2

-

-

13.0

Italy

13.1

0.9

-5.3

-6.5

Japan

6.0

-0.5

-6.0

-6.0

Latvia*

-46.1

-48.6

-

-8.0

Liechtenstein

4.0

-

-

-8.0

Lithuania*

-39.9

-

-

-8.0

Netherlands

0.0

-2.5

-11.8

-6.0

New Zealand

34.0

-

11.9

0.0

Norway

23.3

-

-

1.0

Poland*

-26.2

-

-

-6.0

Portugal

44.7

40.8

30.1

27.0

Romania*

-26.6

-30.8

-

-8.0

Russian Federation*

-21.3

-

-

0.0

Slovakia*

-22.4

-24.7

-

-8.0

Slovenia*

4.7

-1.6

-8.1

-8.0

Spain

51.3

-

44.3

15.0

Sweden

-1.0

-

-2.4

4.0

Switzerland

-3.2

-5.7

-12.2

-8.0

Ukraine*

-47.9

-

-

0.0

United Kingdom

-19.0

-22.2

-22.7

-12.5

Abbreviations: RMU = removal unit; LULUCF = land use, land-use change and forestry; EIT = economy in transition.

記事のリンク:

http://unfccc.int/press/fact_sheets/items/4977.php

(注)引用は英語表現の研究のためですが、正確な内容については原文記事の参照をお勧めいたします。

EENG’s comment:

オバマ大統領はコペンハーゲンで日本やヨーロッパとは連携せずに、中国、インド、ブラジル、南アフリカという21世紀の経済大国とみなされる国々との連携を選んだように見えます。

アメリカに相手にされなかったヨーロッパは評価を下げました。しかし、発展途上国から評価されたけれど、アメリカ・中国の支持を得られなかった日本も、今後は戦略を練り直す必要があります。

EE-時事検定(未定)問題集チャレンジしてみよう!!(クリック)

No.1問題No.1解答No.2問題No.2解答No.3問題No.3解答No.4問題No.4解答No.5問題No.5解答No.6問題No.6解答No.7問題No.7解答No.8問題No.8解答

提供:EE-英語オフィス 

英語情報研究・翻訳業務

EE-時事検定企画中)

時事英語ブログ集リンク(ブログ村):

英語ブログリンク集(人気ブログランキング)

|

« Whites in Minority in U.S. by 2050 (アメリカの白人の比率)/Copenhagen climate deal (コペンハーゲン会議)+ 米国地理学協会の写真のトップ10 | トップページ | Copenhagen conference ended (COP15終了)/The 10 richest Americans (アメリカの富豪トップ10)+ Copenhagen Accord (コペンハーゲン宣言全文) »