« High-Speed Train (高速鉄道ビジネス)/IMF voting power (G20でIMFの投票権を変更)+ 日米安保条約 | トップページ | Hatoyama's First Pitch (鳩山の始球式)/Bin Laden's audio message (ビンラディンの音声メッセージ) »

2009年9月26日 (土)

G7 to G20 (G7からG20へ移行)/Whalemeat Export to Japan (日本への鯨肉輸出)+ 1ドル90円

★英語ニュース/メディアの用法研究★

世界に関心を持つことが英語上達の第一歩!!

21世紀のサラリーマン・学生必読 『EE英語』  HERE!!

☆英語ディベートの情報源!!☆英語用例のデータベース!!☆歴史の記録!!

◆本日のニュース:

☆ニューヨークタイムズ

By EDMUND L. ANDREWS

Published: September 25, 2009

G20各国は拡大された経済活動に合意

Group of 20 Agrees on Far-Reaching Economic Plan

各国首脳は世界経済に関する議論の場を、米国、イギリス、フランス、カナダ、イタリア、ドイツ、日本の7大産業国の会議であるG7から、G20に正式に移すことに合意した。G20には、中国、インド、ブラジル、韓国、南アフリカなどが含まれるが、これは成長率の大きな発展途上国が世界経済において大きな影響力を持ち始めたことを反映するものである。

The outcome was revealed the same day the leaders formally announced that discussions about global economic issues would shift permanently from the Group of 7 big industrial nations — the United States, Britain, France, Canada, Italy, Germany and Japan — to the Group of 20, which includes China, India, Brazil, South Korea and South Africa, reflecting the increased clout of fast-growing developing nations in the global economy.

記事のリンク(クリック):

http://www.nytimes.com/2009/09/26/world/26summit.html?_r=1&hp

BBC

Friday, 25 September 2009

アイスランドは大規模な鯨肉の取引を計画中

Iceland plans big whalemeat trade

By Richard Black

アイスランドのナガスクジラの捕鯨業の親会社(Hvalur hf)は、大量に鯨肉を日本に輸出しようとしている。

The company behind Iceland's fin whaling industry is planning a huge export of whalemeat to Japan.

アイスランドは鯨肉の取引禁止に関する国際協定の適用を受けないので、この取引は違法ではない。ただし、鯨保護団体は商業的に成功するかどうか疑問だとしている。

The export would be legal because these nations are exempt from the global ban on trading whalemeat, but conservation groups doubt its commercial viability.

記事のリンク(クリック):

http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/8275732.stm

◆本日のレポート:                

DailyFX

Written by David Rodriguez, Quantitative Strategist

介入リスクがなく、日本の円は今後も強い

Japanese Yen Forecast Bullish on Lack of Intervention Threat

Friday, 18 September 2009

日本財務省は伝統的に為替相場に積極的に介入してきた。特に、円高が激しくなると何度も介入を繰り返してきた。ドル/円のレートが心理的に大きな影響を与える1ドル90円に近付いているという事実は、十分財務省の介入理由となる。丹後のコメントはドル/円の取引を抑制させるのに十分なものだった。

Indeed, the Japanese Ministry of Finance has historically been an active participant in the Japanese Yen exchange rate and has repeatedly intervened in instances of excessive Yen strength. The very fact that the US Dollar/Japanese Yen exchange rate reached the psychologically significant 90 mark was enough reason to fear MoF intervention, and Tango’s comments were enough to fuel a rapid USDJPY pullback.

来週は中期的な方向性を判断するのに重要な週となる。何も起こらなければ、市場では円/ドルのレートが心理的に大きな影響を与える90円の水準を超えて円高になるはずだ。

The coming week may prove significant in determining more medium-term direction in the Yen. If nothing else, markets will definitely watch for signs that the USDJPY may finally break below the psychologically significant 90 mark.

記事のリンク:

http://www.dailyfx.com/story/currency/jpy_fundamentals/Japanese_Yen_Forecast_Bullish_on_1253308284991.html

(注)引用は英語表現の研究のためですが、正確な内容については原文記事の参照をお勧めいたします。

EENG’s comment:

G20では中国の発言が大きかったことが取り上げられていますが、為替は大きく円高に振れています。

米国の威信が低下していることが根本的な要因ですが、本来「金融サミット」であったG20を「経済サミット」に変えてしまって、米国の金融部門の改革が論議されなかったことも大きな一因です。

米国の消費は30%低下し、米国市民は今では貯蓄に励んで、信用の再構築に励んでいる状況ですから、とても以前のような購買意欲はなく、日本の対米輸出は今後も大きく回復することは見込めません。しかし、これに円高による輸出不振も加わることになります。

また、日本の金融部門はサブプライムローンの影響が欧米よりも小さかったことから円が高く評価されるのも当然です。

円高が輸出だけでなく、内需やデフレ状況にどう影響するかも景気回復に大きな影響を与えます。内需が回復しても中国やアジアから安い製品が入ってくれば、国内の雇用が悪化し、再び内需が低迷します。

ドルが基軸通貨である限り、こういう状況から抜け出すのは容易ではありません。

It is time to thoroughly review the key currency approach around the dollar.

EE-時事検定(未定)問題集チャレンジしてみよう!!(クリック)

No.1問題No.1解答No.2問題No.2解答No.3問題No.3解答No.4問題No.4解答No.5問題No.5解答No.6問題No.6解答No.7問題No.7解答No.8問題No.8解答

提供:EE-英語オフィス 

英語情報研究・翻訳業務

EE-時事検定企画中)

時事英語ブログ集リンク(ブログ村):

英語ブログリンク集(人気ブログランキング)

|

« High-Speed Train (高速鉄道ビジネス)/IMF voting power (G20でIMFの投票権を変更)+ 日米安保条約 | トップページ | Hatoyama's First Pitch (鳩山の始球式)/Bin Laden's audio message (ビンラディンの音声メッセージ) »