« iPod Nano(アップルのナノ)/New centre-left PM (中道左の首相)+世界の携帯電話市場 | トップページ | Missile shield (米国のミサイル防衛)/BOJ's upbeat assessment (日銀の前向き判断)+ オバマ演説への「嘘つき」野次 »

2009年9月18日 (金)

10.3% in New York City(ニューヨーク市の失業率)/Peril in south LA (南ロサンゼルスのギャング) +メキシコの麻薬戦争

★英語ニュース/メディアの用法研究★

世界に関心を持つことが英語上達の第一歩!!

21世紀のサラリーマン・学生必読 『EE英語』  HERE!!

☆英語ディベートの情報源!!☆英語用例のデータベース!!☆歴史の記録!!

◆本日のニュース:

☆ニューヨークタイムズ

ニューヨーク市の失業率は10.3%

Unemployment Hits 10.3% in New York City

By PATRICK McGEEHAN

Published: September 17, 2009

ウォールストリートで解雇が続く中で、ニューヨーク市の失業率は8月に10.3%となった。この16年ぶりの不況において、金融部門から解雇された人々の再就職先の確保の必要性が改めて浮き彫りにされた。

Continuing layoffs on Wall Street drove New York City’s unemployment rate to 10.3 percent in August, a 16-year high that underscores the need to retrain former financial services workers for other jobs, state officials said Thursday.

リーマン・ブラザース投資銀行が崩壊し、他の金融機関の救済が必要とされたなかで、ニューヨーク市在住の失業者数は過去最高の415千人超となった。

In the year since the Lehman Brothers investment bank collapsed and others had to be rescued from failing, the number of unemployed city residents has risen to more than 415,000, the highest total on record.

記事のリンク(クリック):

http://www.nytimes.com/2009/09/18/nyregion/18unemploy.html?_r=1&hp

☆ロサンゼルス・タイムズ

By Scott Gold

September 17, 2009

南ロサンゼルスのチャンスと危険

PROMISE AND PERIL IN SOUTH L.A.

ギャングの抗争が勃発

A gang feud's fallout

その事件は、南ロサンゼルスで時折生じるような、若い女性を巡って殺人事件に発展するようなケンカとして始まった。

It began, as mortal disputes sometimes do in South Los Angeles, over a girl.

メインストリート・クリップスとフーバー・クリミナルズの争いだ。前者は一層暴力的で分け前としてカネを与えながら服従を要求する。おまけに小さなレコード会社まで持っている。後者は大きな組織で、バーノン通りからセンチュリ大通り、さらに「ザ・ハンドレッズ」と住民が呼ぶ地域まで縄張りとして支配している。


On one side were the Main Street Crips, one of the more muscular gangs in the neighborhood. Main Streeters commanded respect, if only because they had a bit of money to throw around, even their own small record label. On the other side were the Hoover Criminals. The Hoovers were big, with turf that stretched from Vernon Avenue down past Century Boulevard and into "the hundreds," as the streets are known locally.

記事のリンク(クリック):

http://www.latimes.com/news/local/la-me-southla-dispute18-2009sep18,0,7796675.story

◆本日のレポート:                

☆ワシントンポスト

メキシコの麻薬戦争の写真

メキシコ政府はミチョアカン州の麻薬取引をターゲットとする

Mexico Targets Drug Trade in Michoacan

2006年にメキシコ大統領のフェリペ・カルデロンが故郷のミチョアカン州に軍隊を送って麻薬組織と戦い始めて以来、米国とメキシコの当局は互いに競合する麻薬組織の間で抗争が激化していると述べた。同州では麻薬組織とのつながりが疑われる10の町の町長が逮捕されている。

Since Mexican President Felipe Calderon sent troops into his home state of Michoacan in 2006 to fight drug traffickers, U.S. and Mexican officials have described a growing free-for-all between warring cartels in the state where 10 mayors were recently detained and are being investigated for alleged ties to drug traffickers.

記事のリンク:(クリック)

http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/gallery/2009/06/12/GA2009061203633.html

(注)引用は英語表現の研究のためですが、正確な内容については原文記事の参照をお勧めいたします。

EENG’s comment:

現在、日米で金融不況は脱したと言われていますが、雇用不況はまだ続いています。

問題の中心にあるのはデフレです。

現在のようなデフレは経済の教科書でも扱っていないと言われています。

そもそもケインズの経済理論も基本的に通常の経済環境が基本となっています。

生産力が有り余っているのに、需要が伸びないというのが実態ですが、日本の場合は低賃金の中国との競争で勤労者の給与水準が意図的に低く抑えられたことも大きな要因です。

失業が増えれば、犯罪組織も暗躍します。麻薬組織も暗躍します。日本でも覚せい剤等の麻薬取引で年間4000億円の資金が暴力犯罪組織に流入していると言われます。

人間は弱いものです。生活の基盤の職業がなければ精神的にも参ってしまいます。

鳩山内閣は雇用対策に重点を置くべきです。(そのためには新産業分野の開発も必要)

Without a stable source of income, a citizen cannot sustain his state of sound citizenship.

EE-時事検定(未定)問題集チャレンジしてみよう!!(クリック)

No.1問題No.1解答No.2問題No.2解答No.3問題No.3解答No.4問題No.4解答No.5問題No.5解答No.6問題No.6解答No.7問題No.7解答No.8問題No.8解答

提供:EE-英語オフィス 

英語情報研究・翻訳業務

時事英語ブログ集リンク(ブログ村):

英語ブログリンク集(人気ブログランキング)

|

« iPod Nano(アップルのナノ)/New centre-left PM (中道左の首相)+世界の携帯電話市場 | トップページ | Missile shield (米国のミサイル防衛)/BOJ's upbeat assessment (日銀の前向き判断)+ オバマ演説への「嘘つき」野次 »