« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

anti-government protest(反政府デモ)

★英語ニュース/メディアの用法研究★

11月30日(日) ― 本日のキーワード:

anti-government protest(反政府デモ)」

ニューヨークタイムズ

Thai Protesters and Police Meet After Explosion

(タイのデモ隊が爆発事件後に警察と話し合い)

http://www.nytimes.com/2008/12/01/world/asia/01thai.html?_r=1&hp

BBC

Tensions rise over Thai blockade

(タイのデモ隊の封鎖行為で緊張が高まる)

http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/7757088.stm

ニューヨークタイムズでは、デモ隊に対する爆弾攻撃で50人が負傷した(an explosion injured about 50 demonstrators)と報じています。インドのテロ事件が終わっても、タイは長期化しています。Explosionは可算名詞としても使用されます。

BBCでも、数千人の反政府デモ隊が2つの主要な空港を占拠して6日目になると伝えています(thousands of anti-government protesters occupied the city's two main airports for a sixth day)。日本では年金問題などがあるわりには、anti-government protestersは余り見られません。a sixth dayというのも注意したい表現です。

###

EENG’s comment:

More Japanese are being influenced by the anti-government protest in Thailand than the Mumbai terror. The Japanese Government should help the Thai Government calm down the turmoil.

(日本政府も解決に協力すべき)

|

2008年11月29日 (土)

Siege (包囲作戦)

★英語ニュース/メディアの用法研究★

11月29日(土) ― 本日のキーワード:

siege (包囲作戦)」

ニューヨークタイムズ

Mumbai Terrorist Siege Over, India Says

(ムンバイのテロに対する包囲作戦は終了)

http://www.nytimes.com/2008/11/30/world/asia/30mumbai.html?_r=1&hp

BBC

Troops search Mumbai siege hotel

(軍隊が包囲していたホテル内を捜索)

http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/7756068.stm

NPR

Indian Force Works To Control Hotel In Mumbai

(インド軍がムンバイのホテル制圧のために戦闘中)

http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=97595066

ニューヨークタイムズでは、ムンバイのテロ事件の死者数がまだ増える見込みであると伝えています(the death toll had risen to 162 and was likely to rise again)。また、インド当局は10人のテロリストがこのような惨劇を引き起こした(Just 10 militants, the city’s police commissioner suggested Saturday, had caused all the mayhem)としています。Mayhemは無差別の暴力事件を意味します。

BBCでも、195人以上の死者(at least 195 lives)がでたとしています。またテロリストはパキスタンと関係がある(elements with links to Pakistan)と述べたインド当局にパキスタンが反発していると述べています。このelementは小集団という意味です。

NPRはまだ掃討作戦中の報道です。アメリカ人の被害者を紹介しています(The Americans killed in the attacks include a Virginia man and his teenage daughter, and a rabbi from New York and his Israeli wife)。ユダヤ教の教師(ラバイ)が犠牲になったのも象徴的です。

Siegeは包囲作戦という意味でよく用いられます。

###

EENG’s comment:

Only one Japanese was very unfortunately killed, but those who have watched the news in Japan must realize that the terror is a real thing in South Asia.  Peace is more important than business.

(不幸にも日本人が一人犠牲になりましたが、多くの日本人が平和の重要さを認識したと思います)

|

2008年11月28日 (金)

人質解放 (hostages freed)

★英語ニュース/メディアの用法研究★

11月28日(金) ― 本日のキーワード:

「人質解放 (hostages freed)」

ニューヨークタイムズ

Indian Forces Battle Pockets of Militants

An Indian commando rappelled from a helicopter onto the roof of a Jewish Center on Friday.

(インド軍はテロリストのロケット弾とも戦う)

http://www.nytimes.com/2008/11/29/world/asia/29mumbai.html?_r=1&hp

BBC

Battle rages for Mumbai hostages

(ムンバイの人質解放をめぐって戦闘)

http://www.voanews.com/english/2008-11-28-voa4.cfm

VOA

More Foreign Guests in Besieged Hotels Freed

(外国人の人質がさらに解放される)

http://www.voanews.com/english/2008-11-28-voa4.cfm

ニューヨークタイムズでは、ムンバイのテロ事件の死者数は143名に達した(the death toll reached 143)と伝えています。このような事件があれば、この死者数という表現に読者は注目するものです。

BBCでも、約370名が負傷したと述べています(Some 370 people have been injured)。死傷者という場合はcasualtiesです。

VOAは、特殊部隊が人質の解放のために努力を続けている(commandos continue to free guests)と報じています。TVのニュースでは日本人は全員解放され、事件は終息に向かっているようです。日本語でコマンドというのは、軍の特殊部隊ということです。

###

EENG’s comment:

If 143 people were killed by terrorists in Tokyo or Osaka, the Japanese people will be panicked.  The situations in South Asia might be beyond all conception of the Japanese people.

(東京などでこのような事件が起きたら日本中がパニックになる。南アジアの状況は日本人の想像を超えたものがある)

|

2008年11月27日 (木)

ムンバイのテロ攻撃 (the Mumbai attacks)

★英語ニュース/メディアの用法研究★

11月27日(木) ― 本日のキーワード:

「ムンバイのテロ攻撃 (the Mumbai attacks)」

ニューヨークタイムズ

Some Hostages Free After Indian Attacks

(インドのテロ発生後、一部人質が解放される)

http://www.nytimes.com/2008/11/28/world/asia/28mumbai.html?_r=1&hp

BBC

Indian PM vows action on attacks

(インドの首相が攻撃を言明)

http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/7752237.stm

アルジャジーラ

Troops fight Mumbai attackers

(ムンバイで軍隊が攻撃)

http://english.aljazeera.net/news/asia/2008/11/200811278484486788.html

ニューヨークタイムズでは、インドのシン首相が「テロ攻撃を行った者は国外とつながりがある(the attackers probably had “external linkages”)」と述べたと伝えています。

BBCでも、インドの首相はテロ犯は国外を本拠にしている(the perpetrators were based "outside the country")と述べたと伝えています。Terroristsではなく、perpetratorsと呼ぶことで政治的な主張のあるグループではなく、犯罪者だという点を強調しているようにも思われます。

アルジャジーラは、タジマハテール・ホテルでのテロ人質事件は解決した(A hostage situation had ended at the Taj Mahal hotel)と述べています。

             

テロのニュースではテロリストに対してさまざまな呼び名が使用されますが、どう呼ぼうとその実態は一般市民に対する暴力行為の実行者に違いはありません。

###

EENG’s comment:

As scores of people are still hostages at another hotel in Mumbai including Japanese travelers, situations are yet to be settled.  I hope that no more casualties, since one Japanese business man was already shot to death.

(日本人が既に一人犠牲になっており、これ以上被害者が出ないことを祈りたい)

|

2008年11月26日 (水)

ペンタゴンのトップ (Pentagon chief)

★英語ニュース/メディアの用法研究★

11月26日(水) ― 本日のキーワード:

「ペンタゴンのトップ (Pentagon chief)」

ニューヨークタイムズ

Obama Plans to Retain Gates at Defense Department

(オバマはゲーツ国防長官を再任)

http://www.nytimes.com/2008/11/26/us/politics/26gates.html?_r=1&hp

BBC

Gates 'to stay as Pentagon chief'

(ゲーツはペンタゴンのトップに留まる)

http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/7749237.stm

NPR(米)

Gates To Continue As Obama's Defense Secretary

(ゲーツはオバマ政権でも国防長官)

http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=97495430

ニューヨークタイムズでは、オバマ次期大統領は「戦時下における超党派の政策継続(bipartisan continuity in a time of war)」のためにゲーツ現国防長官の留任を決めたと伝えています。国防長官は“defense secretary”ですが、当然、文民であって制服組の軍人ではありません。軍人のトップは統合参謀本部議長(chairman of the Joint Chiefs of Staff)の地位にある将軍です。

BBCでも、米国防長官はペンタゴンのトップに留任する(US Defence Secretary Robert Gates is to stay on in charge of the Pentagon)と伝えています。ペンタゴンとは国防総省のビルの呼び名です。形状が五角形なのでpentagon(五角形)と呼ばれています。

NPRは、オバマ新大統領はロバート・ゲーツを一年間は現職に留める(keep Defense Secretary Robert Gates in that job for up to a year)予定であると伝えています。

日本は自衛隊が軍隊なのかどうかという議論があるくらいですから、メディアでも「国防(National Defense)」という表現は国内的には余り使用されないようです。

###

EENG’s comment:

The War on Terror might need bipartisan continuity in the U.S. defense policy.  But, it is a very exceptional appointment in the American Government.  A new Democratic administration usually purges every high-ranking official a preceding Republican President appointed (the reverse is also true).

(アメリカでは共和党から民主党に政権が代われば(逆の場合も)、高官は全て交替させられる。今回の人事は例外的。)

|

2008年11月25日 (火)

Thai Factions Clash (タイで党派の激突)

★英語ニュース/メディアの用法研究★

11月25日(火) ― 本日のキーワード:

Thai Factions Clash (タイで党派の激突)」

ニューヨークタイムズ

Shots Fired as Thai Factions Clash

(タイの党派抗争で銃撃戦)

http://www.nytimes.com/2008/11/26/world/asia/26thai.html?_r=1&hp&oref=slogin

BBC

Bangkok protesters fire on rivals

(バンコクで対立するグループがデモで銃撃戦)

http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/7747886.stm

アルジャジーラ

Thai protesters wounded in clashes

(タイのデモ参加者が銃撃戦で負傷)

http://english.aljazeera.net/news/asia-pacific/2008/11/20081125115113355813.html

ニューヨークタイムズでは、反政府デモは政府に危機感を与えたが、余りに暴力的になったため、一般国民は毎日行われるデモの効果に疑問をもつようになった(skeptical of the daily street demonstrations)と伝えています。

BBCでも、反政府派は政府が腐敗しており、国王に敵対している(being corrupt and hostile to the monarchy)として抗議のデモを行ったと伝えています。

アルジャジーラは、タイのバンコクで政府を支持するグループと反政府派が市街で乱闘になった(violent street battles between pro and anti-government forces)と伝えています。

このような反政府暴動のニュースではデモ(street demonstration)や衝突(clash)という言葉がよく飛び交いますが、銃撃戦(exchange of fire)など日本ではとても考えられないことです。日本では国内でなじみのない表現でも、それを理解することが世界の理解につながります。

###

EENG’s comment:

Though Thailand is a Buddhist country, political movements do not seem to be so peaceful.  But, Japanese businesses have cultivated the Thai market with the most eagerness among ASEAN nations, due to its favorable economic and political environments.  No matter if they clash violently in political fight, Thai people must continue to attach a high value on the relationship with Japan.

(仏教国タイの国内政争が激化しても、伝統的に日本との経済関係は重視している)

|

2008年11月24日 (月)

Bombings in Baghdad (イラクの爆弾テロ)

★英語ニュース/メディアの用法研究★

11月24日(月) ― 本日のキーワード:

Bombings in Baghdad (イラクの爆弾テロ)」

ニューヨークタイムズ

Two Bombs Kill 16 in Baghdad

(バグダッドの2件の爆弾テロで16人死亡)

http://www.nytimes.com/2008/11/25/world/middleeast/25iraq.html?_r=1&hp

BBC

Deadly bomb attacks hit Baghdad

(バグダッドで悲惨な爆弾テロ)

http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/7745212.stm

VOA(米)

Bombings Kill at Least 19 in Iraqi Capital

(イラクの首都の爆弾テロで19人以上死亡)

http://www.voanews.com/english/2008-11-24-voa6.cfm

ニューヨークタイムズでは、爆弾テロの1つは女性による自爆テロ(a suicide device carried by a woman)だと伝えています。Bombingは、以前は飛行機からの爆撃という意味でしたが、今ではsuicide bombing(自爆テロ)という意味で使用されるような時代になってしまいました。

BBCでも、路肩埋設爆弾(a roadside bomb)によるテロと女性の自爆テロがあったと伝えています。Bombは名詞でも動詞でも使用されます。

VOAは、イラクの貿易省の職員が12名以上死亡(at least a dozen employees of the Iraqi Trade Ministry)と伝えています。また警官を狙った三度目の爆発(a third explosion)もあったと述べています。

世界金融危機でテロ戦争のニュースが日本では少なくなりましたが、そもそもオバマが大統領候補になれたのは、イラクからの早期撤退を約束したからでした。やはり、イラク情勢は大きな問題に変わりありません。

###

EENG’s comment:

Early withdrawal from Iraq is still one of the most important agendas for the coming Obama Administration.  But, it is still unknown if bombings and other acts of terror will drastically decrease in the next year.  The feasibility of president-elect Obama’s plan looks still uncertain.

(爆弾テロなどが来年大きく減少しなければ、イラクからの米軍撤退も不透明になるかも知れない。)

|

2008年11月23日 (日)

Free Trade (自由貿易)

★英語ニュース/メディアの用法研究★

11月23日(日) ― 本日のキーワード:

Free Trade(自由貿易)」

ニューヨークタイムズ

President Looks Back in Goodbye From Peru

(ブッシュ大統領はAPEC開催国ペルーから帰国の際に、

何か思い残したように振り返った)

http://www.nytimes.com/2008/11/23/world/americas/23prexy.html?_r=1&hp&oref=slogin

BBC

Apec leaders make free-trade vow

APECで各国は貿易の自由化を支持)

http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/7744311.stm

NPR(米)

Bush To APEC Leaders: Don't Abandon Free Trade

(ブッシュ大統領は自由貿易の必要性を強調)

http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=97352976

ニューヨークタイムズでは、APECAsia-Pacific Economic Cooperation:アジア太平洋経済協力会議)でブッシュ大統領は貿易と市場の自由化(free trade and free markets)の促進を参加国首脳に訴えったと伝えています。

BBCでも、自由貿易(free trade)の重要性をブッシュ大統領が強調したと伝えています。Free Tradeは「自由貿易」又は「貿易の自由化」と訳されることが多いようです。

NPRは、ブッシュ大統領がAPEC会議で「貿易障壁を設けない(not to set up new trade barriers)」ように要請したとされています。

アメリカにも多くの多国籍企業があり、海外における企業活動で多くの利益を得ていますから、自由貿易はアメリカの国益になります。

###

EENG’s comment:

The free trade framework has been an engine of economic globalization.  To prevent the economic globalization from adversely influencing poor countries, the free trade system may have to be reviewed.

(貿易の自由化によってグローバル化はけん引されてきた。貿易の自由化も見直すべきかもしれない。)

|

2008年11月22日 (土)

国務長官のポスト(Secretary of State Position)

★英語ニュース/メディアの用法研究★

11月22日(土) ― 本日のキーワード:

「国務長官のポスト(Secretary of State Position)」

ニューヨークタイムズ

Clinton Is Said to Accept Offer of Secretary of State Position

(ヒラリー・クリントンは国務長官就任の要請を受ける見通し)

http://www.nytimes.com/2008/11/22/us/politics/22obama.html?_r=1&hp&oref=slogin

BBC

Clinton 'will accept State post'

(ヒラリー・クリントンは国務長官に就任の見通し)

http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/7743113.stm

ロサンゼルスタイムス

It's decided: Barack Obama picks Hillary Clinton for secretary of State

(決定。オバマはヒラリーを国務長官に選ぶ)

http://www.latimes.com/news/nationworld/washingtondc/la-na-clinton22-2008nov22,0,2190498.story

ニューヨークタイムズでは、オバマ次期大統領はライバルを味方に変えることを選択した(Mr. Obama chose to turn a rival into a partner)と述べています。ヒラリーも上院議員の議席を放棄して国務長官になることを決めた(decided to give up her Senate seat to become secretary of state)ようです。

BBCでも、ヒラリーはオバマ政権の国務長官に就任する(serve as secretary of state in US President-elect Barack Obama's cabinet)見通しであると報じています。

ロサンゼルスタイムスは、この人事案件は決定済みであり、ヒラリーの国務長官就任の正式な発表(a formal announcement)は感謝祭の後になると述べています。

日本でもヒラリーの背後に親日(pro-Japan)とは言えなかったビル・クリントン前大統領が控えているわけですから、この人事についてはさまざまな意見が出ると思います。

###

EENG’s comment:

Is the Secretary State position more important than a Senate seat for the former First Lady?  Anyhow Hillary Clinton must perform better than Condoleezza Rice.

(上院議員よりも国務長官を選んだ前ファーストレディのヒラリーは、ライス長官以上に活躍しなければならない。)

|

イスラエル周辺の情勢(Situation around Israel)

★英語ニュース/メディアの用法研究★

11月21日(金) ― 本日のキーワード:

「イスラエル周辺の情勢(Situation around Israel)」

ニューヨークタイムズ

Hezbollah Seeks to Marshal the Piety of the Young

(ヒズボラは若者の信仰心を利用しようとしている)

http://www.nytimes.com/2008/11/21/world/middleeast/21lebanon.html?_r=1&hp

BBC

Shoot-out in north Lebanon city

(レバノン北部で銃撃戦)

http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/7741298.stm

NPR(米)

Israel Reseals Border Crossings With Gaza Strip

(イスラエルがガザへの通行路を再封鎖)

http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=97187460

ニューヨークタイムズでは、「シーア派の武装組織(the militant Shiite movement)」ヒズボラの活動を報じています。イスラム教にはシーア派とスンニ派(Sunna)の2つの宗派があります。イスラエルと戦闘を繰り返しているのは、シーア派ですが、これはイランと同じ宗派です。イスラエルの現在の最大の脅威はイランですから、ヒズボラが宗教をてこに若者をリクルートしているのは今後も衝突が続くことを意味します。

BBCでは、レバノン国内のスンニ派の多く住む地域で(in the predominantly Sunni area銃撃戦があったと伝えています。シーア派とスンニ派の戦いが、イスラムとユダヤ教の対立に加わって、状況をさらに複雑にしています。

NPRでは、イスラエルとエジプトの間にあるガザ地区で、イスラエルとハマスの休戦(truce between Israel and Hamas)が事実上破られたと報じています。

イスラエルやヨルダンのある地域はパレスチナ(Palestine)と呼ばれています。この地域の事情は日本人には馴染みがありませんが、アメリカ政界では大きな問題となるので、それなりの知識がないと外国のTVニュースを見ていてもよく分からないということになります。

###

EENG’s comment:

The situation around Israel is still unsettled.  Every U.S. President has tried to bring peace in the region in vain.  Will President-elect Obama make true truce come true.

(歴代の大統領は皆失敗してきたが、オバマ新大統領はこの地域で本当の停戦を実現できるだろうか。)

|

2008年11月20日 (木)

自動車業界の幹部(Auto Execs)

☆英語ニュース/メディアの用法研究☆

11月20日(木) ― 本日のキーワード:

「自動車業界の幹部(Auto Execs)」

ニューヨークタイムズ

Auto Chiefs Fail to Get Bailout Aid

(自動車業界の幹部は議会から救済援助を得られず)

http://www.nytimes.com/2008/11/20/business/20auto.html?_r=1

BBC

Lack of investment clue to Detroit's demise

(デトロイトの凋落の主因は投資不足)

http://news.bbc.co.uk/2/hi/business/7734226.stm

(米)ワシントンポスト

Auto Execs Fly Corporate Jets to D.C., Tin Cups in Hand

(自動車業界の幹部は自社ジェットで首都へ、

手にはゴルフのカップ)

http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/11/19/AR2008111903669.html?hpid=topnews

ニューヨークタイムズでは、「議会に救済を求めたアメリカ自動車業界の大手3社の経営幹部が成果を得られずデトロイトに戻った(The chief executives of Detroit’s Big Three automakers departed Washington empty-handed on Wednesday night)」と報じています。デトロイトと言えばGM、フォード、クライスラーという大企業の本拠地ですが、日本の自動車メーカもさまざまな係わりをしています。特にフォードとマツダの関係はフォードによるマツダの株式売却でぎくしゃくしているようです。

BBCでも、「大手3社が政府に250億ドルの救済資金を求めた(the Big Three carmakers General Motors, Ford and Chrysler are pleading for a $25bn (£16.6bn) government bail-out)」と報じています。“bail out”は普通、被告人を保釈するという意味で使用されます。いかにアメリカの自動車業界が、お手上げ状態であるかが語感から感じられます。

ワシントンポストでは、政府に援助を求めてワシントンに来たビッグ・スリーの幹部は、贅沢なプライベート・ジェットを使用しており、まだゴルフにでも行くような贅沢感が見られると厳しく書いています。“tin cup”とはゴルフのカップのことです。これはニューヨーク選出の議員の言葉だそうですが、「それはタキシードを着て貧困者用の無料食堂に来るようなものだ("It's almost like seeing a guy show up at the soup kitchen in high-hat and tuxedo.)」と厳しく批判しているようです。

いずれにしても、250億ドルと言えば、2兆5千億円ですから、日本では大きな政治問題になっているように、景気浮揚のためのバラマキ(dole-out policy)に使用できる大きな金額です。これを3社だけに供給するというのは、アメリカでもなかなか有権者の理解を得られないと思います。

###

EENG’s comment:

The Big Three should undergo a thorough change in order to rebuild their management and organization.  Executives of the automobile manufacturers will not be allowed to live in regal splendor.

(ビッグ・スリーは徹底した変革を実施して、幹部は贅沢をやめて企業再建をすべき)

|

2008年11月19日 (水)

アフガニスタンの米軍(American Troops in Afghanistan)

英語ニュース/メディアの用法研究

11月19日(水) ― 本日のキーワード:

「アフガニスタンの米軍(American Troops in Afghanistan)」

ニューヨークタイムズ

Afghanistan: Attack in Pakistan

(アフガニスタン情勢:パキスタン国内への攻撃)

http://www.nytimes.com/2008/11/19/world/asia/19briefs-ATTACKINPAKI_BRF.html?_r=1&scp=2&sq=Afghanistan&st=nyt&oref=slogin

BBC

'US raid' kills five in Pakistan

(アメリカ軍のパキスタン国内への攻撃で5名死亡)

http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/7736855.stm

NPR(米)

In Afghanistan, 'New Spirit' To Confront The Taliban

(アフガニスタン情勢:「新たな士気で」タリバンに対抗)

http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=97170621

ニューヨークタイムズでは、アフガニスタン国内の米軍が「パキスタン国内の部族地域内で活動する抵抗勢力に砲撃を行った(fired an artillery barrage at insurgents in Pakistan’s volatile tribal region)」と伝えています。これは国際法的にはどういう扱いになるのか難しいところです。テロとの戦争ではinsurgent(反乱分子)という言葉が頻繁に使用されています。一昔前とは戦争の形態が異なり、enemiesよりもinsurgentsが適切な表現だという時代になったようです。

BBCでも米軍の無人偵察攻撃機(drone)から発射されたミサイルによってパキスタン国内で被害者が出たと報じています。このためパキスタン国内で「反米感情が高まっている(anti-American sentiment is rising)」と述べています。また、ここではmilitant(戦闘員)という表現も使用されています。

NPRでは、米軍の幹部は「アメリカは現在アフガニスタンに派遣されている3万名の部隊を6万名に増派する必要がある(the U.S. needs to double its American troops from 30,000 to 60,000 in Afghanistan)」と述べたと伝えています。Troopssoldiersと似た言葉ですが、troopは集合名詞なので”a troop of runners(一群のランナー)などと使用されます。

###

EENG’s comment:

It must be difficult for U.S. troops to distinguish between civilians and militants of Al Qaeda and the Taliban.  Therefore it is no wonder that a missile fired from a U.S. drone hit a wrong target.

(タリバンやアルカイダの戦闘員と民間人の区別は難しいので、それだけ一般市民の被害者が出やすくなっている)

|

2008年11月18日 (火)

ハイジャックされたタンカー(Hijacked Oil Tanker)

英語ニュース/メディアの用法研究

11月18日(火) ― 本日のキーワード:

「ハイジャックされたタンカー(Hijacked Oil Tanker)」

ニューヨークタイムズ

Maritime Hijackings Decrease in Asia

(アジアで海賊事件は減少傾向)

http://www.nytimes.com/2008/11/19/world/asia/19asiaships.html?_r=1&scp=2&sq=Somalia&st=nyt

BBC

Hijacked oil tanker nears Somalia

(ハイジャックされたタンカーがソマリアに接近)

http://news.bbc.co.uk/2/hi/africa/7734733.stm

アルジャジーラ

Seized tanker seen off Somali coast

(ハイジャックされたタンカーがソマリア沖で目撃される)

http://english.aljazeera.net/news/africa/2008/11/2008111873827427301.html

ニューヨークタイムズでは、今回のサウジアアラビアのスーパータンカーに対する海賊事件について、アジア諸国は大きな衝撃は受けていないと報じています。シンガポール当局によれば、「今年の9月までのアジアの海賊事件の発生は2006年から32%低下し、2007年との比較でも11%低下した(maritime attacks in Asia in the first nine months of the year dropped 11 percent compared to 2007 and 32 percent from 2006)」と述べているそうです。海賊はpirateですが、スポーツのチームにも「パイレーツ」と名付けられたチームがあります。山賊はbanditです。

BBCでもインド洋で乗っ取られたサウジアアラビアのスーパータンカーについて報じています。このタンカーには「200万バレルの原油が積まれており、同国の原油生産日量の4分の1に相当し、100億円の価値がある(with a cargo of 2m barrels - a quarter of Saudi Arabia's daily output - worth more than $100m)」ということです。百万を”m”で済ますところがイギリスのメディアらしい、という気もします。

アルジャジーラでは、「25名の乗員の安全は不明(The fate of the 25 crew members is not known)」と述べています。Crewは集合名詞ですが、形容詞的に使用すれば単数・複数に悩むこともありません。船の全乗組員はofficers and crewですが、この場合crewは下級船員全員を意味します。

###

EENG’s comment:

Crew members of such a vessel are usually from other poor countries in the world.  Families and friends of them must be really anxious about their safety.  But, if the pirates have no political association, this seajack case would be solved peacefully eventually.

(タンカーの乗員は外国からの出稼ぎの人が多い。海賊に政治的な背景がなければ、乗員は安全に解放されるだろう)

|

2008年11月17日 (月)

日本は不況(Japan in Recession)

英語ニュース/メディアの用法研究

11月17日 ― 本日のキーワード:

「日本は不況(Japan in Recession)」

ニューヨークタイムズ

Japan’s Economy, World’s Second Largest,

Is in Recession

(世界第二位の日本経済が不況入り)

http://www.nytimes.com/2008/11/17/business/worldbusiness/17yen.html?_r=1&ref=business&oref=slogin

BBC

Japanese economy now in recession

(日本経済はついに不況入り)

http://news.bbc.co.uk/2/hi/business/7732733.stm

VOA

Japan's Economy Now in Recession

(日本経済が本日不況入り)

http://www.voanews.com/english/2008-11-17-voa1.cfm

ニューヨークタイムズでは、与謝野経済財政担当大臣(Kaoru Yosano, the economic minister)が「日本経済は深刻な状況にある(Japan is in a very serious situation)」と述べたと伝えています。また、「本当に景気が回復(a true recovery)」するには少なくとも1年は必要と述べています。なお、経済産業大臣は”the minister of economy, trade and industry”です。財務省から金融庁(the financial services agency)などが分離してから名称や肩書がやや面倒になりました。

BBCでも日本の不況入りを伝えています。日本のTVGDPがマイナスになると報じ始めたのと合わせて日本の状況を伝えていることからも、日本の経済力の大きさが感じられます。

VOAでも同じように“in recession”と報じていますが、Japan’sの方がJapaneseよりも間延びしない感じはあります。また、よく使われる表現ですが、「日本は2001年以来初めて不況に陥った(Japan is now in its first recession since 2001.)」と述べています。

世界の主要なメディアも、日本が世界金融危機からどのような影響を受けいるかには注目しているようです。

###

EENG’s comment:

The world financial crisis is not a fire on the other side of the river for Japan.  It is time to review the whole economy of Japan without mentioning the financial sector.

(世界金融機は日本とっても対岸の火事ではない。金融だけでなく経済全体の状況を見直すときだ。)

|

2008年11月16日 (日)

20カ国会議の宣言文(G20 Summit Statement)

英語ニュース/メディアの用法研究

11月16日 ― 本日のキーワード:

「20カ国会議の宣言文(G20 Summit Statement)」

ニューヨークタイムズ

Statement From G-20 Summit

20カ国会議の宣言文)

http://www.nytimes.com/2008/11/16/washington/summit-text.html?_r=1&oref=slogin

ニューヨークタイムズでは、G20首脳会議の宣言文が掲載されています。この日本語版が日本の新聞でも紹介されるはずです。宣言の中では会議の目的は「世界経済の成長を回復させ、世界の金融システムに必要な改革を達成すること(restore global growth and achieve needed reforms in the world’s financial systems)」であると述べています。改革(reform)は日本でも頻繁に使用されるようになりました。ここでは、reformssystemsと複数形で使用されていますから、さまざまな金融制度に係わるさまざまな改良が目標とされていることが分かります。また、金融機関は英語ではfinancial institutionですが、国際的な公的金融機関としてはIMFInternational Monetary Fund、国際通貨基金)が重要です。

###

EENG’s comment:

Prime Minister Taro Aso reportedly said that this meeting was truly a historic event and would be so described in a future text book of history. However, will Mr. Aso go down in history?

(麻生首相はこの会議は歴史に残る会議だと述べた。しかし、麻生首相は歴史に残るだろうか)

|

2008年11月15日 (土)

20カ首脳国会議(20-Nation Summit)

英語ニュース/メディアの用法研究

11月15日 ― 本日のキーワード:

「20カ首脳国会議(20-Nation Summit)」

ニューヨークタイムズ

Meeting’s Key Decision May Be to Keep Talking

(会議の重要な決定とは、話し合いの継続の約束)

http://www.nytimes.com/2008/11/15/business/15memo.html?_r=1&ref=business&oref=slogin

BBC

World leaders grapple with crisis

(世界の首脳が経済危機に取り組む)

http://news.bbc.co.uk/2/hi/business/7730763.stm

NPR(米)

G20 Leaders at economic summit eye detection plan

20カ国の政府首脳は金融リスク検知計画を検討する)

http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=95743012

ニューヨークタイムズでは、G20首脳会議では金融機関に対する規制強化が検討されているようです。ただし、ブッシュ大統領は「杓子定規に規制を適用することには警告を行った(warning against efforts to adopt a latticework of regulations)」と報じています。会議のキーワードは規制(regulation)かもしれません。

BBCによれば、「金融規制に対する具体的な行動計画(a concrete action plan on financial regulation)」が討議の中心となるようです。やはり、キーワードは金融規制(financial regulation)です。

NPRでは、「将来の金融溶解状態を回避する(avoid future financial meltdowns)」ために、違法な行為やリスクを早期に検知するための体制を構築するための話し合いがなされると見ています。特に一国だけでは対応できない「グローバルな金融システム(global financial system)」の取り扱いは国際的な協調が必要なことは間違いありません。

しかし、この会議にはオバマ次期大統領は関与していません。新大統領就任後にまたこのような会議(A follow-up summit)が必要になりでしょう。

###

EENG’s comment:

Japan is going to offer 10 trillion yen to IMF, so that it is reasonable to hold the follow-up meeting in Tokyo.  New U.S. President Obama will join it to start his contribution to the stability of the global financial system.

(次回のG20会議は東京で開催するのがよい。オバマ新大統領の貢献も期待される)

|

2008年11月14日 (金)

中国の工業生産高(Chinese Industrial Output)

英語ニュース/メディアの用法研究

11月14日 ― 本日のキーワード:

「中国の工業生産高(Chinese Industrial Output)」

ニューヨークタイムズ

Factories Shut, China Workers Are Suffering

(中国は不況で工場閉鎖、労働者は困窮)

http://www.nytimes.com/2008/11/14/world/asia/14china.html?_r=1&hp&oref=slogin

BBC

US 'import alert' on China food

(アメリカは中国からの輸入食品を警戒)

http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/7728605.stm

アルジャージーラ(カタール)

China factory output slows

(中国で工場の生産高が低下)

http://english.aljazeera.net/business/2008/11/2008111345254962199.html

ニューヨークタイムズでは、今回の景気後退により「この半年間に閉鎖された中国の工場の数は6万7千ヵ所に上る(the closing of at least 67,000 factories across China in the first half of the year)と伝えています。このため、中国政府は60兆円規模の内需拡大政策(domestic-demand expansion policies)を取ろうとしています。

BBCによれば、米国食品医薬品局(FDAThe US Food and Drug Administration)はアメリカの消費者にミルク製品を含む中国からの輸入食品は摂取しないように警告を発しています。対象となる食品には「ビスケット、インスタントコーヒー、茶(biscuits, instant coffee and tea products)も含まれるようです。不況に加えて輸出依存の中国経済には頭の痛い問題でしょう。

アルジャージーラでは、工業生産高の伸びが最近大幅に低下したと伝えています。上海の中国人エコノミストは「工業生産高の伸びの低下は、操業自体が低下していることを示している(The industrial output growth figures reflect industrial operations are slowing down)」と述べたと伝えています。。

中国では年9%程度は生産高が伸びないと人口増加分に対応できないとされています。しかし、「10月の工業生産高の伸びは8%程度(factory output slowed to 8.2 per cent in October)」だとされていますから、相当厳しい状況のようです。

###

EENG’s comment:

China’s industry enjoyed a year-on-year growth rate of more than 10% in the past several years, but it is clear that the trend has changed.  China has to take responsibility in supporting not only domestic economy but also global economy.

(中国は国内経済だけでなく、グローバルにも責任を果たさなければならない)

|

2008年11月13日 (木)

カーボンオフセット(Carbon Offset)

英語ニュース/メディアの用法研究

11月13日 ― 本日のキーワード:

「カーボンオフセット(Carbon Offset)」

ニューヨークタイムズ

Goldman Sachs Buys Into Carbon Offsets

(ゴールドマンサックスがカーボンオフセットを買い入れる)

http://greeninc.blogs.nytimes.com/2008/11/12/goldman-sachs-buys-into-carbon-offsets/?scp=1&sq=carbon&st=cse

BBC

Low-carbon economy is not a luxury

(低炭素経済はぜいたくを意味しない)

http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/7680624.stm

PBS(米)

Your Carbon Diet

(炭素削減生活)

http://www.pbs.org/wgbh/warming/carbon/

ニューヨークタイムズでは、金融危機にあえぐゴールドマンサックス社が二酸化炭素排出権取引ビジネスに参入したと報じています。カーボンオフセットとは、『人間の経済活動や生活などを通して「ある場所」で排出された二酸化炭素などの温室効果ガスを、植林・森林保護・クリーンエネルギー事業などによって「他の場所」で直接的、間接的に吸収しようとする考え方や活動の総称-ウィキペディア』を意味します。ニューヨークタイムズでは「カーボンオフセットとは、温暖化ガスの排出量を削減し、他の場所での排出量の増加を相殺しようという活動である(Carbon offsets are projects that reduce greenhouse gas emissions — thus potentially counterbalancing a rise in emissions elsewhere)」としています。

BBCでは、G8サミットの写真を掲載し、低炭素経済は「経済回復に必須である(an integral part of economic recovery)」と主張しています。このような用法のCarbonとは二酸化炭素(carbon dioxide)の中の「炭素」を意味しますが、地球温暖化が問題になる前に日常生活でcarbonが使用されるときは、炭素が主成分の製品を意味することが多かったようです。

NPRのコラムでは、「家庭のエネルギー効率をあげよう(make your home more energy efficient)」と主張しています。二酸化炭素は石油などを燃やしてエネルギーや電気を取り出すときに発生するからです。

今日では、環境用語だけでも専門の辞書が作られるような時代になりました。外国人との会話の話題も環境問題になることが少なからずあるようです。

###

EENG’s comment:

Global warming is a great challenge for mankind.  But, Japanese companies are leading the world with advanced energy-saving technology.

(日本は先進的な省エネ技術で世界をリードしている)

|

2008年11月12日 (水)

世界の市場経済(Global Market Economy)

英語ニュース/メディアの用法研究

11月12日 ― 本日のキーワード:

「世界の市場経済(Global Market Economy)」

ニューヨークタイムズ

Oil Prices Drop to 20-Month Low

(石油価格は20ヶ月ぶりの低水準)

http://www.nytimes.com/2008/11/12/business/worldbusiness/12oil.html?_r=1&ref=business&oref=slogin

BBC

Global stock markets in 2008

(世界の株式市場)

http://news.bbc.co.uk/2/hi/business/7716406.stm

NPR(米)

Asian Markets Spike On China Stimulus Package

(アジア市場は中国の景気刺激策によって急上昇)

http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=96827883

ニューヨークタイムズでは、世界各国で石油の消費量が減り、原油価格が大幅に下がったと伝えています。しかし「この夏のピークと比べて59%の価格低下(a 59 percent decline in oil prices since their summer peak)」は、世界の景気が急激に悪化したことを意味しています。OPEC諸国も原油販売の収入が急激に減少しているわけですから、好景気にわいていた中東のドバイなどにも大きな影響が生じそうです。

BBCでは、ダウジョーンズや日経225などの株式指標のこの1年間の推移に注目しています。2008年の各国の株式市場が、如何に「世界金融危機によって極端な変動を示している(The global financial turmoil seen during 2008 has led to extreme volatility)」かが分かります。

NPRは、中国政府が「60兆円規模の景気刺激策(an economic stimulus package worth nearly $600 billion)」を発表したために、アジアの株式市場が反騰したと伝えています。中国も日本と同じく輸出で経済を伸ばしてきましたが、今後は国内市場への投資が鍵となりそうです。

世界中が市場経済を盲信した結果、セーフティネットが不足していたことも大きな問題です。政府の管理しない市場が暴走・暴落すれば直接市民生活に悪影響が出ますから、効果的な規制も必要でしょう。

###

The global real economy must not be damaged by the global financial crisis which could lead to economic contraction.

(経済の縮小をもたらすグローバルな金融危機によって、グローバルな実体経済に悪影響が出てはならない。)

|

2008年11月11日 (火)

次期大統領オバマとブッシュ大統領(President-elect Obama and President Bush)

英語ニュース/メディアの用法研究

11月11日 ― 本日のキーワード:

「次期大統領オバマとブッシュ大統領(President-elect Obama and President Bush)」

ニューヨークタイムズ

Obama Asks Bush to Provide Help for Automakers

(オバマはブッシュに自動車業界への支援を要請する)

http://www.nytimes.com/2008/11/11/us/

politics/11auto.html?_r=1&hp&oref=slogin

BBC

Obama meets Bush at White House

(オバマがホワイトハウスでブッシュと会談)

http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/default.stm

NPR(米)

Bush, Obama Hold White House Meeting

(ブッシュとオバマがホワイトハウスで会談)

http://www.npr.org/templates/story/

story.php?storyId=96823229

ニューヨークタイムズでは、自動車業界の労働組合の支援を受ける「次期大統領オバマは、ブッシュ大統領に緊急援助を行うように要請した(President-elect Barack Obama urged President Bush in a meeting at the White House to support immediate emergency aid)と報じています。7千億ドル(70兆円)の金融支援を決定したブッシュ大統領も、自動車業界への支援については不透明なようです。しかし、アメリカの実体経済(real economy)を代表するGMなどの大手自動車メーカ3社が苦境に喘ぐとは、少し前には考えられない状況です。

BBCでも、両者の会談を報じており、「会談後に次期大統領は、会談の内容は広範囲にわかった(Afterwards a statement from the president-elect said the discussions had been wide-ranging)」と述べたとしています。オバマがホワイトハウスの大統領執務室(the Oval Office)に入るのはこれが最初だったようです。「ローラ夫人もオバマ夫人に次期ファーストレディの新居を案内した(Laura Bush showed Michelle Obama around her new home)」としています。

NPRは両者は「政権の移行期間に協力することの重要性について、幅広い議論を行った(a broad discussion about the importance of working together throughout the transition of government)と伝えています。また、二人の娘(10-year-old Malia and 7-year-old Sasha)の新たな学校を探すオバマ夫人は、クリントン夫妻の娘が通っていた学校を訪問したそうです。

しかし、本当の会談の内容は二人に意外に知ることはできません。まもなくワシントンで開かれる20カ国金融問題首脳会議にはオバマは参加しないようです。

###

Though U.S. president at this stage is usually in the lame duck status, president Bush will have to attend his duties until president-elect Obama becomes real president.

(本来ならこの時期の現職大統領はレームダック状態で大きな仕事はしないものだが、ブッシュ大統領は最後の最後まで真剣な執務を求められるだろう。)

|

2008年11月10日 (月)

軍事大国ロシア(military superpower Russia)

☆海外の記事から生きた英語を学ぼう☆

英語ニュース/メディアでの用法研究

11月10日 ― 本日のキーワード:

「軍事大国ロシア(military superpower Russia)」

ニューヨークタイムズ

Russia Warns of Missile Deployment

ロシアが(アメリカの)ミサイル配置計画に警告を出す

http://www.nytimes.com/2008/11/06/world/europe/

06russia.html?_r=1&scp=2&sq=Russia%20&st=cse&oref=slogin

TIMES

Russia to Deploy Missiles Near Poland

ロシアがポーランドの国境近くにミサイルを配備

http://www.time.com/time/world/article/

0,8599,1857100,00.html

VOA(米)

Stricken Russian Sub Returns to Port

事故にあったロシアの潜水艦が港に戻る

http://www.voanews.com/english/2008-11-09-voa8.cfm

ニューヨークタイムズでは、ロシアの大統領の演説を取り上げています。世界金融危機に見舞われてロシア経済も安泰でありませんが、軍事的には今もロシアは大国です。その国威をかけて軍事的な面ではアメリカと張り合っています。「アメリカ政府がポーランドとチェコに計画通りミサイルを配備すれば(if Washington went ahead with a plan to station a missile defense system in Poland and the Czech Republic)」ロシアも強硬措置を取るとメドベージェフ大統領は宣言しています。

TIMESでも、アメリカとのミサイル配備問題を取り上げています。「メドベージェフ大統領は、ポーランドとチェコへのアメリカのミサイル防衛システムの配備に対抗して、従来から宣言していた軍事的措置を具体的に述べた(he fleshed out long-promised military measures in response to U.S. plans for missile defense facilities in Poland and the Czech Republic)」とされています。しかし、アメリカは本来、イランからの弾道ミサイルを撃ち落とすためにポーランドとチェコに基地を設けようとしているわけですから、ロシアとの摩擦は回避できるはずです。

VOAは日本海でのロシアの原潜の事故を伝えています。この事故は「2000年に原潜クルスクで118名が生命を失って以来、最悪の事故(the worst incident involving a Russian submarine since 118 were killed in the 2000 Kursk fiasco)」であるとしています。

軍事大国を維持するためにロシアは多くの犠牲を払ってきたようです。

###

Has the Russian military capability contributed to the world peace?

(ロシアの軍事力は世界平和に貢献しているだろうか?)

|

2008年11月 9日 (日)

ワーキング・プーア(Working Poor)

☆海外の記事から生きた英語を学ぼう☆

本日の英語ニュース/メディア注目記事:

11月9日 ― 本日のキーワード:

「ワーキング・プーア(Working Poor)」

ニューヨークタイムズ

Working Poor and Young Hit Hard in Downturn

下町のワーキング・プーアと若者が不況の被害者

http://www.nytimes.com/2008/11/09/us/

09young.html?_r=1&hp&oref=slogin

BBC

The working poor

ワーキング・プーア(有職貧困者)

http://www.bbc.co.uk/kent/content/articles/2008/

07/17/credit_crunch_working_poor_feature.shtml

NPR(米)

More Families Seek Reduced-Cost School Lunches

学校の昼食で子供に割引ランチを希望する親が増える

http://www.npr.org/templates/story/

story.php?storyId=96745368

ニューヨークタイムズでは、この一年間で「16歳から19歳の就業者の比率が8%減少した(the share of 16- to 19-year-olds working fell by 8 percent,)」と報じています。若年層の苦難にも、サブプライムローンの影響が強く出ています。アメリカの住宅建設業などは、これまで若者に大きな雇用のチャンスを与えてきました。しかし、サブプライムローンが払えずに住宅を差し押さえられる家が年間数十万戸もあるようでは、新築の需要も鈍ります。

BBCでは、イギリスには「500万人の単身者が各種の恩恵を要求できず、低所得で生活していると報じています。しかも、2つの仕事をかけもちしなければならない人も多く、「時間的にも、金銭的にも余裕のない(time poverty and cash poverty)」若者は多いとしています。

NPRによれば、アメリカの小中学校でのランチ代の支払が親の負担になり、無料・割引ランチを希望する親が増えているが、学校側は「無料・割引ランチを認められる子供が増えるほど自分たちの経費の赤字が増える(The more students that we qualify for free and reduced, which is rising dramatically, the more we're going to sustain a deficit)」と嘆いています。

アメリカやイギリスでは貧困層の苦労は日本以上のようです。特に、人種的な問題も貧困の1つの要素ですから、オバマ大統領の登場に大きな期待がかかっているのもよく分かります。

###

ワーキング・プーアは日本だけの問題ではない。

The working poor is not a Japanese issue but a global issue, including America and the U.K.

|

2008年11月 8日 (土)

極東情勢(Situations in the Far East)

☆海外の記事から生きた英語を学ぼう☆

本日の英語ニュース/メディア注目記事:

11月8日 ― 本日のキーワード:

「極東情勢(Situations in the Far East)」

ロサンゼルスタイムズ

China's 'action plan' on human rights meets with skepticism

中国の人権問題改善プログラムは効果が疑問

http://www.latimes.com/news/nationworld/

world/la-fg-rights7-2008nov07,0,2674520.story

BBC

Clashes mar Chinese Taiwan visit

中国要人の台湾訪問が抗議のデモで台無しになる

http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/

7716196.stm

アルジャジーラ

N Korea releases more Kim pictures

北朝鮮が金書記長の写真を追加発表

http://english.aljazeera.net/news/asia-pacific/

2008/11/200811552558568818.html

ロサンゼルスタイムズでは、中国政府が人道問題に対する世界からの避難や、抗議に対処するために「全国的な行動計画(a national "action plan")」の実行を予定しているが、効果は疑わしいと伝えています。共産党の一党独裁の中国では、政府や党に逆らう者には厳罰が適用されるようです。言論の自由が保証されている日本では想像もつかないような過酷な取り締まりも行われているようですが、中国政府が「人権という概念を受け入れる(accept the concept of human rights)」ことが、まず求められているようです。

BBCでは、最近、台湾を訪問した中国の高官に対して、台湾市民が強い抗議のデモが行い、友好訪問が台無しになったと伝えています。「投石を行うデモ参加者(stone-throwing protesters)」と衝突した警察も149名の負傷者を出したと伝えています。それなりに、自由と民主主義のある台湾の人々は、中国に統一されれば、その自由を失うことも恐れていると思われます。

アルジャジーラによれば、北朝鮮は金書記長の新たな写真を追加公開しているようですが、「どこでいつ撮影したかの詳しい情報はないようです(gave no details on when or where they were taken)」。最近、フランスの脳外科医がピョンヤンを訪問したとの情報もあり、金書記長はやはり病床にあると考えるべきかもしれません。

###

オバマ次期大統領の極東政策がどうなるか、日本も目を離せません。

Japan cannot take its eyes off president-elect Obama so as to make a judgment on his diplomatic policy toward the East Asia.

|

2008年11月 7日 (金)

世界の景気後退(Global Business Recession)

☆海外の記事から生きた英語を学ぼう☆

本日の英語ニュース/メディア注目記事:

11月7日 ― 本日のキーワード:

「世界の景気後退(Global Business Recession)」

ニューヨークタイムズ

Retailers Report a Sales Collapse

アメリカの小売業の販売状況の悪化

http://www.nytimes.com/2008/11/07/

business/07retail.html?_r=1&hp&oref=slogin

BBC

Toyota slashes profits forecast

トヨタが利益見通しを下方訂正

http://news.bbc.co.uk/2/hi/business/

7712476.stm

アルジャジーラ

Eurozone edges towards recession

ヨーロッパ経済圏は景気後退に入る

http://english.aljazeera.net/news/europe/

2008/11/2008113141716299179.html

ニューヨークタイムズではクリスマス・シーズンを迎えているのにアメリカの消費が低迷していることを伝えています。今年は、「この数十年で最も低調なクリスマス・セールス(the weakest Christmas shopping season in decades)」になると心配しています。

アメリカだけでなく、日本でも連日企業業績の悪化などが報道されていますが、BBCは代表的な輸出企業であるトヨタも「2009331日期末の純利益を5590億円に下方修正した(cut net annual profit forecast to 559bn yen ($5.69bn; £3.5bn) for the year to 31 March 2009)」と伝えています。

ヨーロッパの金融機関はサブプライムローンの影響が日本よりも大きく、ユーロが円やドルに対して値を下げていることから相当の経済悪化が予測されています。アルジャジーラによれば、「ユーロを使用する15カ国を合わせた経済規模も、既に2008年の第2四半期には0.2%縮小(the combined economy in the 15 countries sharing the euro currency had contracted by 0.2 per cent in the second quarter of 2008)」しています。

経済は循環するものですから、政府や企業、消費者、投資家が合理的な措置、活動をしていれば、また回復するものです。しかし、今回のアメリカ発の金融危機が世界経済に大きな影響を与えたことは間違いありません。

|

2008年11月 6日 (木)

世界は希望に沸く(A Flood of Hope Worldwide)

☆海外の記事から生きた英語を学ぼう☆

本日の英語ニュース/メディア注目記事:

11月6日 ― 本日のキーワード:

「世界は希望に沸く(A Flood of Hope Worldwide)」

ニューヨークタイムズ

Election Unleashes a Flood of Hope Worldwide

PARIS — From the front lines of Iraq to more genteel spots like Harry’s Bar in Paris, the election of Barack Obama unlocked a floodgate of hope that a new American leader will redeem promises of change, rewrite the political script and, perhaps as important as anything else, provide a kind of leadership that will erase the bitterness of the Bush years

(イラクの前線からパリのバーにいたるまで、敵意のぶつかり合ったブッシュ時代に終りが来るとの希望が洪水のように水門(a floodgate of hope)からあふれている)

http://www.nytimes.com/2008/11/06/world/

06worldreax.html?_r=1&ref=world&oref=slogin

TIMES

The World Sees Obama's Victory As a New Beginning for America

He could safely assume that the overwhelming majority of his international audience would be cheering his victory. Respect and admiration for his country slumped during President George W. Bush's years in office. Surveys conducted during the campaign showed that if non-Americans were allowed to vote in the U.S. election, Obama would score massive wins in all but a few countries.

(オバマ自身が世界中が自分を支持していると考えてもおかしくはない。世界の市民に投票権があれば、オバマは各国で圧倒的な勝利(massive wins)を収めていたはずだ)

http://www.time.com/time/world/article/

0,8599,1856668,00.html

The Korea Herald(韓国)

Koreans welcome new U.S. leader

Koreans hailed America for making history by choosing Barack Obama as its first black president. But expectations were mixed over the changes that the next U.S. leader would bring to the peninsula.

Liberal-minded Koreans were highly hopeful that he will put an end to unilateralism in U.S. foreign policy and deliver sweeping reforms to unbridled Wall Street capitalism.

(オバマ次期大統領が朝鮮半島にどのような変化をもたらすかについては意見が分かれるが、リベラルな韓国人(Liberal-minded Koreans)はこれまでの一方的な米国の外交政策が終わることを期待している)

http://www.koreaherald.co.kr/

世界中でオバマ人気は大変なものです。

それだけ、ブッシュ大統領に人気がなかったことを意味しますが、2000年と2004年の2回にわたってブッシュ大統領を選んだのもアメリカ国民です。

特に、ブッシュ政権の金持ち減税政策で貧富の格差が拡大したため、ヨーロッパ系のアメリカ人の多くも貧困に直面し、与党の共和党には投票したくなかった人も多かったようです。

9月の初めにはマッケイン候補が反撃に成功していましたから、リーマン・ブラザースなどの破たんがなければ、今回も共和党のマッケイン候補が当選していた可能性もありました。

しかし、それでは、アメリカと世界の意識のギャップはますます広がってしまったと思います。

洪水のような歓迎ムードのオバマ関連報道が世界中で行われていることからも、この選挙が歴史的なものであったことを物語っています。

|

2008年11月 5日 (水)

オバマの圧勝(Obama sweeps to US presidency)

☆海外の記事から生きた英語を学ぼう☆

本日の英語ニュース/メディア注目記事:

11月5日 ― 本日のキーワード:

「オバマの圧勝(Obama sweeps to US presidency)」

ニューヨークタイムズ

Democrats Widen Senate Edge to Solid Majority

The Democrats appeared to fall short of the 60-vote majority that would enable them to push bills to a vote by overcoming filibusters.

But even without the 60-vote threshold, they were within reach of a working coalition on major policy issues, given the defeat of the Republican incumbents John E. Sununu of New Hampshire and Elizabeth Dole of North Carolina, and the election of former Gov. Mark Warner in Virginia and of the congressmen-cousins Mark Udall in Colorado and Tom Udall in New Mexico.

(大統領選挙と同時に行われた米議会選挙のうち上院議員選挙では、民主党は(100人中)60人の大台には足りない模様。それでも、共和党の大物の落選で柔軟に上院を支配する可能性が増え、上院での優位を拡大する(widens senate edge))

http://www.nytimes.com/2008/11/05/us/

politics/05senate.html?_r=1&hp&oref=slogin

エルサレムポスト

Israeli leaders congratulate Obama on presidential victory

Iranians have welcomed Barack Obama's victory as the next US president as a triumph over the unpopular policies of President George W. Bush.

Iran's official news agency quotes prominent Iranian lawmaker Gholam Ali Haddad Adel as saying the Democratic candidate's win over Republican John McCain is evidence Americans are fed up with Bush and his party.

(イスラエルの指導層はオバマの大統領戦勝利を歓迎する。ただし、ブッシュ大統領と対立するイランも、不人気のブッシュの政策(unpopular policies)にオバマの政策が勝ったと見て、オバマ新大統領の誕生を歓迎している)

http://www.jpost.com/servlet/Satellite?cid=

1225715346623&pagename=

JPost%2FJPArticle%2FShowFull

アルジャジーラ

Obama sweeps to US presidency

Barack Obama has become the first African-American president of the United States after a decisive victory saw him take the key battleground states of Florida, Ohio and Pennsylvania.

In his victory speech at Chicago's Grant Park late on Tuesday, Obama told tens of thousands of supporters that "change has come to America".

(オバマが大統領戦で圧勝して、シカゴで「アメリカに変化の時代が来た(change has come to America)」と宣言する。フロリダ、オハイオ、ペンシルベニアで勝利してアフリカ系初の大統領に)

http://english.aljazeera.net/news/americas/

2008/11/20081154282266589.html

日本人の米大統領選挙への関心はアメリカ人よりも高いと言われていましたが、やはり、人種差別の陰から解放されないアメリカ社会でのオバマ氏当選のインパクトは大きなものでした。

地元のシカゴや、ニューヨークのタイムズスクェアでは、アフリカ系大統領誕生の「歴史的な瞬間」に立ち会おうと多くの人が集まっていました。

また、大統領だけでなく、米民主党(Democratic Party)は上院(Senate)も下院(House)も制したようですが、特別な権利を行使できる上院60議席獲得は微妙なようです。

(日本人も、ヨーロッパ系アメリカ人とアフリカ系を差別するようなことはすべきではありません。)

いずれにしても、長かった大統領選挙が終わり、金融危機やテロとの戦争に関する政策に焦点が移るでしょう。

|

2008年11月 4日 (火)

最も経費のかかった大統領選(the most expensive US presidential election)

☆海外の記事から生きた英語を学ぼう☆

本日の英語ニュース/メディア注目記事:

11月4日 ― 本日のキーワード:

「最も経費のかかった大統領選(the most expensive US presidential election)」

ニューヨークタイムズ

The ’08 Race: A Sea Change for Politics as We Know It

By ADAM NAGOURNEY

The 2008 election has upended how presidential campaigns are fought, a fact that has almost been lost amid the final battle.

(今回の大統領選挙は従来の選挙とは180度異なるものであった)

http://www.nytimes.com/2008/11/04/us/politics/

04memo.html?_r=1&hp&oref=slogin

BBC

The greatest political show on earth

The most fascinating, most gruelling and most expensive US presidential election campaign for generations is almost over. Whoever wins, says Justin Webb, the contest has left him wondering if any other political show could ever compete.

(今回の大統領選挙は地上最大のショーだ。これほどの消耗戦と費用のかかった選挙はなかった)

http://news.bbc.co.uk/2/hi/programmes/

from_our_own_correspondent/7701877.stm

ワシントンポスト

Polls Show Obama With Clear Advantage

McCain, Hampered by Bush and Economic Crisis, Must Win Virtually Every Close State

By Dan Balz

Washington Post Staff Writer
Tuesday, November 4, 2008; Page A03

Democrat Barack Obama, seeking a history-making victory in a presidential campaign that has captivated the country as few others ever have, maintained a clear advantage over Republican John McCain yesterday as the two made final appeals in battleground states and readied massive get-out-the-vote operations in advance of today's balloting.

(オバマ候補は歴史的な勝利を得ようとしている。マケイン候補は接戦州の全てで勝たねばならない)

http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/

article/2008/11/03/AR2008110301514.html?hpid=topnews

米大統領選挙は、オバマ候補が歴史的な勝利を収めようとしています。

初のアフリカ系アメリカ人の大統領として歴史的であり、また、史上最も多くの資金が投入された選挙としても記録的でした。

これで、米大統領選挙のイメージが様変わりしたとの評価もあります。

実際、ブッシュ大統領の政策と執務スタイルに対する反動も感じられます。それは、単にイラク戦争への反省や、富裕層優遇政策への反発だけでなく、アメリカ社会の根本問題に対する懸念が反映しているように思われます。

日本でも旧態依然たる選挙意識では、本当の「改革」は起こらないかもしれません。しかし、オバマ候補のようにインターネットを利用しての大量の資金集めは、日本では問題があるかもしれません。

|

2008年11月 3日 (月)

コンゴの動乱(Wars and Mayhem in Congo)

☆海外の記事から生きた英語を学ぼう☆

本日の英語ニュース/メディア注目記事:

11月3日 ― 本日のキーワード:

「コンゴの動乱(Wars and Mayhem in Congo)」

ニューヨークタイムズ

In Congo, a Little Fighting Brings a Lot of Fear That Chaos Is Returning

When the Congolese state began to collapse in 1996, it set off a regional war. When it imploded again in 1998, it dragged in armies from a half-dozen other African countries. The two wars and the mayhem since have killed possibly five million people, a death toll that human rights groups say is the worst related to any conflict since World War II.

1996年以来、500万人が死亡したと言われるコンゴでは、小競り合いでも人々にパニックが生じる)

http://www.nytimes.com/2008/11/03/world/africa/

03congo.html?_r=1&ref=world&oref=slogin

BBC

Convoy delivers aid in DR Congo

A UN aid convoy brings supplies to help some of the 250,000 people displaced by recent fighting in DR Congo.

(コンゴで国連の輸送隊が25万人の避難民を運ぶ)

http://news.bbc.co.uk/2/hi/africa/7705419.stm

アルジャージーラ

Aid sent to DR Congo refugees

United Nations peacekeepers escorted 12 vehicles from Goma, the provincial capital of North Kivu, to the area about 75km north where at least 50,000 displaced people were thought to be hiding in the bush.

(コンゴで5万人が戦火を逃れて隠れている地域に、国連が救援のために12台の車両を派遣する)

http://english.aljazeera.net/news/africa/

2008/11/20081138246339648.html

ルワンダやスーダンなどアフリカでは数年に1度、大きな内戦と虐殺が生じています。

アメリカ大統領戦やイラク、アフガニスタンのニュースに隠れて大きく報道されませんが、コンゴも再び内戦状態に入ったようです。

情報によっては、この十年の戦火で500万人が死亡したと言われています。これはカンボジアでのクメール・ルージュによる市民の虐殺や、ルワンダの部族間紛争での被害者の数を上回り、第二次大戦以来最大の悲劇だと言われています。

アフリカ人を父にもつアメリカ大統領が誕生する時代ですから、アメリカを中心とする国際社会もアフリカの悲劇の防止に動いてほしいものです。

日本も国連の安保理事会の常任理事国入りを狙うのなら、アフリカの平和に大いに貢献すべきです。

|

2008年11月 2日 (日)

メキシコの麻薬戦争(Mexico’s Drug War)

☆海外の記事から生きた英語を学ぼう☆

本日の英語ニュース/メディア注目記事:

11月2日 ― 本日のキーワード:

「メキシコの麻薬戦争(Mexico’s Drug War)」

ニューヨークタイムズ

In Mexico’s Drug War, Sorting Out Good Guys From Bad

It has long been known that drug gangs have infiltrated local police forces. Now it is becoming ever more clear that the problem does not stop there. The alarming reality is that many public servants in Mexico are serving both the taxpayers and the traffickers.

(メキシコの麻薬組織は地方の警察だけでなく、各分野の公務員一般にまで浸透しており、誰が良い公務員で悪い公務員かを判別することも難しい)

http://www.nytimes.com/2008/11/02/world/americas/

02mexico.html?_r=1&hp&oref=slogin

BBC

Top Mexico police officer resigns

One of Mexico's most senior police officers, the acting Federal police commissioner, Victor Gerardo Garay, has resigned.

He stood down after an aide of his was accused of working for a leading drug cartel.

(メキシコ政府の警察部門の最高幹部の一人が、その顧問の麻薬組織との関係について責任をとって辞任)

http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/7704654.stm

ロサンゼルス・タイム

Mexico's spreading drug violence

Already this year, nearly 4,000 people have been killed in Mexico as warring drug cartels intensify their battle for control of drug markets and transportation routes, according to the newspaper Reforma. That's more than triple the total for 2002 and a 65% increase on the tally for all of 2007. Murder is now producing a death toll appropriate to a country in the throes of a civil war.

(今年メキシコでは、麻薬戦争の犠牲者は既に4千人に達した。これは内戦並みの数字だ)

http://latimesblogs.latimes.com/laplaza/2008/10/mexicos-spreadi.html

日本でも大麻取引が東京の住宅街で白昼行われているというニュースがありました。

一部の学生の間にも広がっているというニュースもあります。

しかし、メキシコではもっと大きなギャング組織が全国的に暗躍し、地方だけでなく、中央政府の警察部門にまで魔の手を伸ばしています。

これは、メキシコの農業や他の産業が健全に発展していないことにも原因があります。

そして、アメリカには数百万人のメキシコ人が密入国して働いています。アメリカ経済が不況になればメキシコに帰る人も増えるでしょうが、彼らの故郷の多くは麻薬ギャングが支配する社会かもしれません。

金融危機でも豊かなアメリカ人は多くいますが、アメリカに不法滞在して働くか、麻薬ビジネスがはびこるメキシコに帰るかしかないメキシコ人は本当に同情に値します。

|

2008年11月 1日 (土)

日本の空幕長の解任(The head of Japan's air force dismissed)

☆海外の記事から生きた英語を学ぼう☆

本日の英語ニュース/メディア注目記事:

11月1日 ― 本日のキーワード:

「日本の空幕長の解任(The head of Japan's air force dismissed)」

ニューヨークタイムズ

Japan Fires General Who Said a U.S. ‘Trap’ Led to the Pearl Harbor Attack

TOKYO — A high-ranking Japanese military official was dismissed Friday for writing an essay stating that the United States had ensnared Japan into World War II, denying that Japan had waged wars of aggression in Asia and justifying Japanese colonialism.

(日本の軍隊の高官が、日本の第二次大戦参戦はアメリカの策略によるものであって、アジアへの侵略戦争ではないとの寄稿を行って解任される)

http://www.nytimes.com/2008/11/01/world/asia/

01tokyo.html?_r=1&ref=world&oref=slogin

BBC

Japan air force chief faces sack

The head of Japan's air force is to be sacked after saying the country was not an aggressor in World War II, officials say.

(日本の空軍のトップが第二次大戦は日本にとって侵略戦争ではなかったと述べたために解任される)

http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/default.stm

アルジャジーラ

Japan general fired over war essay

Japan's air force chief has been dismissed after publishing an essay that claimed Japan was pushed into the second world war by the US and was not an "aggressor" in the conflict in Asia.

(日本の空軍のトップが、日本はアメリカによって対米戦争に追い込まれたのであって、侵略者ではなかったとの小論を書いて解任される)

http://english.aljazeera.net/news/asia-pacific/

2008/10/20081031185735244617.html

この航空自衛隊の幕僚長の意見発表に伴う解任は、世界ではそれなりに注目されたようです(もしかしたら日本以上に)。

日本が1941年にハワイのパールハーバー(真珠湾)を奇襲攻撃して第二次大戦に参加したのは歴史的事実ですが、そこに至る過程は複雑です。

また、アメリカとだけ戦争したのではなく、イギリス、フランス、オランダにも宣戦を布告し、これらヨーロッパ各国が支配するアジアの植民地に進撃したのも事実です。

それは、現地の人々から見れば、支配者がヨーロッパ人から日本人に代わることを意味しただけかもしれません。

また、パールハーバー攻撃以前から中国大陸で日中戦争は進行していました。

これも、中国から見れば、当時の国際法や条約がどうあれ、日本軍が進出して来ていたということに変わりはありません。

第二次大戦では米中は同盟関係にありましたから、やはり、公的な地位にある日本人は慎重な言動が求められます。特に、自衛隊は海外では「軍隊」と認識されていますから、自衛隊幹部は個人的な歴史観の公表には、一層注意すべきです。

|

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »